家屋と集合住宅の賃貸について

GC在住日本人なら知っておきたい

ゴールドコーストの異文化サービス

 

第14回

家屋と集合住宅の賃貸について

MCCGC(マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト)は、異なる文化背景を持つコミュニティーの問題や悩みを市役所、州政府、連邦政府へ報告し、政府・行政との橋渡しの役割を担っています。

外国で賃貸契約を結ぶのは怖いですよね。QLD州には住宅賃貸契約局RTA(Residential Tenancies Authority)という組織があります。ここで、賃貸情報、敷金管理、紛争解決、調査、政策、教育などのサービスを提供しています。

賃借人の義務は、家賃を期限通りに支払う、物件を清潔で損傷のない状態に保ち転入前と同様にして転出する(通常の使用による磨耗を除く)、賃貸契約の条項に従う、隣人が静かに生活する権利を尊重する、と定められています。

そして、賃貸人・代理人の義務は、賃貸開始時に物件が空室で清潔かつ修理が行き届いていること、賃借人のプライバシーを尊重する、入出条件を守る、修繕・メンテナンスを実施する、保険と安全に関するすべての法律を遵守、RTAに敷金を供託する、となっています。

その上でいくつかの注意点があります。貸し主(または代理人)と入居者は契約書にサインし、入居者はコピーを受け取ること。敷金(BOND)はRTAに供託されるもので、貸し主や代理人が手元に置くことはできません。領収書と敷金供託書(Bond lodgement – Form2)を作成し、借り主はRTAから通知を受け取ります(重要です)。

家賃が値上がりし、敷金も値上げする場合は12カ月以上経過している必要があります。また追加分もRTAに供託しなければなりません。

部屋に入る場合は、貸し主から入居時の状態報告書(Entry Condition report-Form1)を受け取ります。これは敷金(BOND)の返還を受ける際など紛争になる場合に重要な書類です。お互いに確認し合いながらチェックしてください。

 
【賃貸時のチェックリスト】
□ 一般賃貸契約書(General tenancy agreement-Form 18a)を読んで署名、コピーを入手する
□ 敷金支払い敷金供託書(Bond lodgement-Form2)に署名
□ 支払ったすべてのものの領収書
□ 部屋の鍵を預かる、鍵の種類(ガレージの鍵、ドアの鍵など)と数を確認する
□ 転入時状態報告書(Entry condition report-form1a)に記入し、署名してコピーを受け取る
□ 上記書類をすべて安全な場所にしまっておく

RTAの連絡先はwww.rta.qld.gov.au、または1800-366-311へどうぞ。通訳が必要な場合は131-450のTISサービスに連絡してRTAにつないでもらってください。

MCCGCの活動についてや、質問などがありましたらお気軽に日本語でnaoh@mccgc.com.auまたは0423-511-549へお問い合わせください。


リビング

〈著者プロフィル〉平野尚道
マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコーストコミュニティー・デベロップメント・マネジャー
1990年に来豪。現在までにゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。2006年から現在まで、ゴールドコーストの異文化からの移民をサポートする非営利団体MCCGCに異文化団体・育成担当として従事し、ゴールドコーストでただ1人の州政府プログラム異文化、育成担当を委託。09年在ブリスベン在日本国総領事館より在外公館長表彰を授与される。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る