QLD州の行政システム

GC在住日本人なら知っておきたい

ゴールドコーストの異文化サービス

 

第26回

QLD州の行政システム

MCCGC(マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト)は、異なる文化背景を持つコミュニティーの問題や悩みを市役所、州政府、連邦政府へ報告し、政府・行政との橋渡しの役割を担っています。

 

●豪州の3つの政府

豪州には3つのレベルの政府があります。市、州政府、そして連邦政府です。この3つの政府が一緒になり、「豪州に住むすべてのオーストラリア人が生活し、働き、社会に参加できること」を目的として運営されています。連邦政府は税を徴収し、経済的な問題や国防、通信、生活保護などを担当しています。また、徴収した税金を州や市へ分配しています。

クイーンズランドには現在73の行政市があります。ここでは、例えば道路の保全、交通管理、図書館、廃棄物やゴミの管理をしています。市が徴収するレイツという税金と、連邦政府や州政府からの分配金によって運営されています。州政府は州の法律により、民主的な選挙で選ばれた市民の代表によって運営されることが義務付けられています。QLD州は英国ウェストミンスター・システムを継承し、三権分立が護られています。

※三権分立とは立法府(The Legislative Assembly: Parliament)/行政府(The Executive: Cabinet and Executive Council)/司法府(The Judiciary: Courts)

 

●ガバナー(総督)

QLD州総督とは英国女王エリザベスの名代として憲法で規定された行事などに出席します。

 

●QLD州議会

クイーンズランドは豪州で唯一上院を持たない一院制の議会です。ここで、議員は立法したり、法律の改変をしたりしています。 現在の自由国民党(LNP)政権は、QLD首相にキャンベル・ニューマン氏と18人の大臣、12人の副大臣によって構成されています。我々異文化の住民に対するサービスは「Minister for Aboriginal and Torres Strait Islander and Multicultural Affairs」という省庁の「Cultural Diverse QLD」というセクションで管理されています。現在の大臣はグレン・エルムス氏です。

 

●行政機関

各省庁は、QLD州民のための各種サービスを提供しています。各省庁(Department)は「Directors – General」が長となり運営されています。彼らを通称、公務員(Public ServiceまたはPublic Sector)と呼びます。

MCCGCの活動、ならびに質問がありましたらお気軽に日本語で「naoh@mccgc.com.au/0423-511-549」へお問い合わせください。


リビング

〈著者プロフィル〉平野尚道
マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト
コミュニティー・デベロップメント担当
ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。ゴールドコーストの異文化からの移民をサポートする非営利団体MCCGCにて、ゴールドコーストでただ1人の州政府プログラム異文化育成担当を委託。09年在ブリスベン在日本国総領事館より在外公館長表彰を授与される。14年ゴールドコースト市オーストラリアデー文化功労賞受賞。
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る