QLD州における「たばこ」のルール

GC在住日本人なら知っておきたい

ゴールドコーストの異文化サービス

MCCGC(マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト)は、異なる文化背景を持つコミュニティーの問題や悩みを市役所、州政府、連邦政府へ報告し、政府・行政との橋渡しの役割を担っています。

第30回 QLD州における「たばこ」のルール

喫煙者の皆さんには厳しいクイーンズランド州の喫煙に関する法律。さらに2015年1月1日から新たな法律が施行されました。まずは、今までのおさらいです。

1. すべてのパブ、クラブ、レストラン、そして働く場所での屋内は禁煙
2. 屋外で飲食のできる、飲食店の屋外も禁煙
3. 公共の屋外、例えばパトロールの行われているビーチ、子供の遊具がある公園、代表的なスポーツ施設は禁煙
4. 住居ではないビルの入り口付近の周り4mは禁煙
5. 16歳以下の子どもが乗っている車の中は禁煙

6. 18歳以下の子どもへのたばこ製品の販売は違法
7. お店でのたばこの展示は禁止
8. たばこを売る店員へのトレーニングは必須
9. 禁煙マークや禁煙推進のサインを貼ること
10. たばこ関連の広告やコンペティションは禁止
11. たばこの自動販売機はバーまたはポーカー・マシンのある場所に限る
12. モールや公共交通機関の待合場所(バス停、タクシー乗り場、トラム駅など)での禁煙は市役所の判断で可能

となっていました。さらに1月1日より、以下の条項が新たに追加されました。

1. 電子たばこの使用も屋内や屋外の禁煙場所での使用は禁止。そして、販売店での18歳以下の子どもへの販売の禁止、宣伝やプロモーション・展示の禁止
2. 公立・私立の病院の敷地から5m以内での喫煙の禁止
3. 公立・私立の学校の敷地から5m以内での喫煙の禁止

つまりは学校や病院の裏手の壁から5m以内も禁煙になったということです。出入り口の周りではなく、敷地という点が重要です。ますます喫煙者には厳しい状況ですね。これを機に思い切って禁煙を始めてみてはいかがでしょう。

MCCGCの活動について、ならびに行政サービスについての質問がありましたらお気軽に日本語で「naoh@mccgc.com.au/0423-511-549」へお問い合わせください。


リビング

〈著者プロフィル〉平野尚道
マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト
コミュニティー・デベロップメント担当
ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。ゴールドコーストの異文化からの移民をサポートする非営利団体MCCGCにて、ゴールドコーストでただ1人の州政府プログラム異文化育成担当を委託。09年在ブリスベン在日本国総領事館より在外公館長表彰を授与される。14年ゴールドコースト市オーストラリアデー文化功労賞受賞。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る