蛇の繁殖シーズン

オージー・ワイルドライフ 診療日記

第39回 蛇の繁殖シーズン

QLD州は夏に向けてどんどん暑くなってきています。野生動物たちの行動が活発になり、カランビン野生動物病院では忙しい日々が続いていますが、特に目立って増えているのが、けがをして保護された蛇です。犬や猫に捕まったり、芝刈り機に接触して負ったけがだけでなく、故意に人に傷付けられた蛇もたくさんいます。

毎年9月下旬から11月にかけて、多くの種の蛇が繁殖期を迎えます。普段は人の気配がない場所や時間帯を好んで行動する蛇たちが、今の時期は日中にその姿を現しているのはこのためです。

家の中や庭先で蛇を見つけたら、驚いてしまうのは当然のことでしょう。追い出そうとして棒などでつついたり、挙句の果てには殺してしまおうとする人もいますが、それは逆に自分や周りの人間を危険に晒すことになるのです。蛇の動きはとても素早く、一撃で仕留めることはほぼ不可能です。人間からの攻撃をかわした蛇は、自分の身を守るため、威嚇し反撃をしようとします。この時が最も蛇に咬まれやすいのです。

有毒のブラウン・スネーク。見かけたら専門業者に捕獲依頼をしよう
有毒のブラウン・スネーク。見かけたら専門業者に捕獲依頼をしよう

「家の中で猛毒のブラウン・スネークを見つけ殺したから引き取ってくれ」と病院にその亡骸を持ってきた人がいました。シャベルを使って一撃で致命傷を負わせ、動かなくなった蛇に更に何度も攻撃を加えて確実に仕留めたとのことでした。

蛇は脊椎のあちこちを骨折し、ぐったりして動かなかったため、一見して死んでしまっているようでしたが、超音波で確認すると、ゆっくりですがはっきりと心音が聞こえました。けがは治療の施しようがなく、その場で静脈注射による安楽死を選択。もしあのまま放って置かれていたら、何日も苦しみながら死んでいったことでしょう。そしてこの蛇、実はブラウン・スネークなどの毒蛇ではなく、「Keelback snake(ヒバカリ)」という無毒の蛇でした。

無毒・有毒にかかわらず、蛇を始めオーストラリア固有の野生動物はその全てが自然環境保全法(1992)で守られており、勝手に移動させたり殺したりすることは固く禁じられています。もし自宅や職場で蛇に遭遇したら近付かずにそっとしておくのが一番ですが、自分や周りの人間が危険に晒されていると感じたら、専門業者(Snake catcher)に蛇捕獲を依頼してください。一度の依頼で約50~120ドルの料金が発生しますが、安全かつ確実に捕獲し移動してもらえます。


■床次史江(とこなみ ふみえ)
クイーンズランド大学獣医学部卒業。カランビン・ワイルドライフ病院で年間7,000以上の野生動物の診察、治療に携わっているほか、アニマル・ウェルフェア・リーグで小動物獣医として勤務。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る