QLDで安全・快適ライフ/「喫煙」に関するQLD州の法律

QLDで安全・快適ライフ

警察とコミュニティーをつなぐ日本人ポリス・リエゾンが、クイーンズランド州で安心な生活を送るためのアドバイスや安全情報をお届けします。

第17回 「喫煙」に関するQLD州の法律

QLD州内では、屋内・屋外を問わず、公共の場所での喫煙を禁止していたり、たばこの広告や宣伝を制限する厳しい法律があります。これは、受動喫煙をする状況を減らす、禁煙を促す、そして子どもに喫煙への興味を持たせないためです。

現状の法律では、以下のような場所・状況でたばこを吸うことが禁じられています。

【禁煙の場所・状況】
パブ、クラブ、レストランや職場/店舗屋外の飲食スペース/屋外の公共スペース(例:警察がパトロールしている海岸、子どもの遊具がある公園、スポーツ・スタジアムなど)/住宅でない建物の出入り口から4メートル以内/全ての病院、医療関係施設の敷地から5メートル以内/16歳以下の子どもが乗っている車内/公立・私立学校の敷地から5メートル以内/商用目的で使用している車に2人以上乗っている場合

【販売と宣伝のルール】
18歳以下の子どもへのたばこ製品の販売は禁止/たばこ販売所でのタバコの展示は禁止/電子たばこも屋内・屋外の禁煙場所での喫煙禁止。また、18歳以下の子どもへの販売や、たばこ販売所での広告設置、宣伝、展示も禁止

あるリサーチでは、学校や家庭、公園などが禁煙の場合、たばこに手を出す確率が減るという結果が出ています。未成年者に対して、大人からの禁煙の働きかけや、公共の場所で喫煙行為に遭遇する機会が減ることが、何より効果的な禁煙のメッセージなのです。

更に、QLD州の法律には2016年9月1日より以下の項目などが加わりました。

【新たに追加された禁煙の場所・状況】

● 未成年のスポーツ・イベントやスケートパークの近く
● 幼稚園や保育園など幼児教育機関やケア施設(放課後ケアも含む)
● 公共のスイミング・プール
● 屋外の歩行者天国
● 公共交通機関のバス停や駅、タクシーやフェリーの乗り場
● 定められた国立公園内
● 定められた州政府の地域
● 住宅でない建物の出入り口の禁煙エリアを「4メートル以内」から「5メートル以内」に延長
● 州法で禁じていない公共の屋外エリアも、市役所の判断で禁煙にできる

変更点の詳細などは以下のQLD州政府のウェブサイトを参考にしてください。
Web: www.qld.gov.au/quitまたはwww.health.qld.gov.au/public-health/topics/atod/tobacco-laws/default.asp

<ポリス・リエゾンのひと言メモ>
10月23日(日)GCのパシフィック・フェアーで、ゴールドコースト初の日本映画祭が開催されます(無料)。先着120名様限定ですので、お早めにご来場ください。
Web: www.facebook.com/gcjff2016

ご質問、お問い合わせは以下で受け付けています。
TEL: (07)5581-2840
Email: CrossCulturalGoldCoastPolice@police.qld.gov.au



<著者プロフィル>
平野尚道◎クイーンズランド州警察ゴールドコースト地区・日本担当リエゾン・オフィサー。ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCにて異文化育成担当として9年勤めた後、州警察のリエゾン・オフィサーに就任。現在、日本人コミュニティーと警察の架け橋として活動中。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にゴールドコースト市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る