QLDで安全・快適ライフ/詐欺~個人情報搾取~(2)

QLDで安全・快適ライフ

警察とコミュニティーをつなぐ日本人ポリス・リエゾンが、クイーンズランド州で安心な生活を送るためのアドバイスや安全情報をお届けします。

第25回 詐欺~個人情報搾取~(2)

今月も、個人情報搾取についてです。

①登録した記憶の無いサービスの停止

もしも登録した記憶の無いサービスから登録通知が来た場合は、アカウントを閉じる手続きをしましょう。そして、キャンセルした証拠を残しておきましょう。また、どこかから記憶に無い商品またはサービスに対しての請求が来た場合は法的なアドバイスを受けましょう。
 Eメールやソーシャル・ネットワークのアカウントがハッキングされた場合は、全てのアカウントを閉鎖し、サイト運営者にハッキングされた旨を伝えましょう。多くのサイトではセキュリティーのヘルプからハッキングされた際の対処法が説明されています。

②郵送先の勝手な変更の確認

郵便物が届かないなどの状況が発生した場合、最寄のオーストラリア・ポストなどで郵送先が変更されていないか確認しましょう。また、政府官公庁や企業に正しく郵送先が登録されているかも確認しましょう。

③連邦被害者証明証の発行

あなたが個人情報搾取の被害に遭った場合、裁判所に連邦被害者証明書の発行を申請出来ます。
 この証明書はあなたの個人情報が不正に使われたことを証明してくれます。それを政府官公庁や企業に見せることにより、個人情報搾取によって被った被害の解決のための交渉が可能になります。

④被害の異議申し立て

誰かがあなたの個人情報を使用して公共料金や電話の支払いなどをした場合、あなたは銀行やサービス提供者に対して契約していないという異議申し立てを行えます。
 その際に個人情報搾取の被害の説明として、警察への通報記録や連邦被害者証明証が有効な情報になります。
 サービス提供者の対応に満足行かない場合は、以下の異議申し立て先があります。

● 遠距離通信業界オンブズマン:電話やインターネットの請求に関する苦情
● 水道電気オンブズマン:水道電気の請求に関する苦情
● 金融オンブズマン:金融関連の契約に関する苦情

また、以下の関係機関からの法的なアドバイスも利用するべきです。

●豪州連邦警察(Web: bit.ly/2kMaBk7
●リーガル・エイド(Web: bit.ly/2pnBaQk

WHメーカーの安全情報フェイスブック・ページ「Working Holiday & Victims Support Group」
「いいね」してフォローしてくださいね。

ご質問、お問い合わせは以下で受け付けています。
TEL: (07)5581-2840
Email: CrossCulturalGoldCoastPolice@police.qld.gov.au



<著者プロフィル>
平野尚道◎クイーンズランド州警察ゴールドコースト地区・日本担当リエゾン・オフィサー。ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCにて異文化育成担当として9年勤めた後、州警察のリエゾン・オフィサーに就任。現在、日本人コミュニティーと警察の架け橋として活動中。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にゴールドコースト市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る