QLDで安全・快適ライフ/ホーム・セキュリティー

QLDで安全・快適ライフ

警察とコミュニティーをつなぐ日本人ポリス・リエゾンが、クイーンズランド州で安心な生活を送るためのアドバイスや安全情報をお届けします。

第44回 ホーム・セキュリティー

空き巣は非常に多く発生しています。地域も分散しており、特定の地域が危険だということがありません。

最も多いのは、ドアや窓の鍵の掛け忘れです。良いホーム・セキュリティーは、非常にシンプルですが忘れがちです。以下の点に気を付けてください。

  1. できるだけ侵入が難しいようにする(例えば、鍵が必要なロックを窓やドアに使用する。出掛ける際に鍵をマットの下や分かりやすい場所に置いておかない、など)。
  2. できるだけ犯罪者が逃げにくい状態にする(鍵が必要なロックを窓やドアに使う、アラームをセットする、など)。
  3. できるだけ犯罪者が、あなたの物に手を付けられないようにしておく(所有物に目印となるようなものを彫ったり、マイクロドットのIDを高価な物には付けておく、など)。

以下のような施策を取ると、お金もあまり掛からず効果的です。

  • 近所付き合いをしましょう。お互いにサポートし合っている地域には犯罪者が行きにくいと言われています。
  • 居住地域の「ネイバーフッド・ウォッチ」に入りましょう。
  • 家にいる時も、ドアや窓の鍵が掛かっているか確認しましょう。特に使っていない部屋や場所などのドアや鍵に注意しましょう。
  • 掃除の手伝いや庭師などを雇う際には、評判などを検討しましょう。
  • 家を空ける際には全てのドアと窓を施錠しましょう。鍵は鍵穴から外して置くようにしましょう。
  • セキュリティー・アラームが頻繁に誤って鳴る場合は早めに直しましょう。直した後は、近所に直したことを伝えると良いでしょう。そうしなければ、せっかく鳴ったとしても無視されてしまうかもしれません。
  • 訪問販売員が来ても家に入れないようにしましょう。入れる場合は、オフィスに事前にチェックを入れるなどしてからにしましょう。
  • 家を留守にする場合、誰かがいるように見せ掛けるために、ラジオをつけっぱなしにしたり、電気をつけたままにして置くと良いでしょう。電気は時間でついたり消えたりする物を使うと効率的です。留守を悟られないように電話のベルの音量を下げておくのも重要です。
  • ドアに「留守にしています」「5分後に帰ります」などのサインをしないようにしましょう。
  • 家の鍵を、ドア・マットや植木鉢の下など分かりやすい場所に隠すのは止めましょう。

もしも誰かが留守宅に侵入している場合、ただちに「000」に通報し、決して家の中に入らないようにしてください。

近所の人や安全な場所に移動し、待機してください。また、現場に残された証拠は簡単に失われる場合があります。現状維持を徹底してください。

■その他の情報
Web: www.police.qld.gov.au/programs/cscp/personalSafety/default.htm

ご質問、お問い合わせは以下で受け付けています。
TEL: (07)5581-2840
Email: CrossCulturalGoldCoastPolice@police.qld.gov.au
WHメーカーの安全情報フェイスブック・ページ「Working Holiday & Victims Support Group」「いいね」してフォローしてくださいね。


平野尚道
クイーンズランド州警察ゴールドコースト地区・日本担当リエゾン・オフィサー。ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCにて異文化育成担当として9年勤めた後、州警察のリエゾン・オフィサーに就任。現在、日本人コミュニティーと警察の架け橋として活動中。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にゴールドコースト市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る