本格的な夏の海が到来!

ゴールドコースト近海のカジキ
ゴールドコースト近海のカジキ

第113回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

本格的な夏の海が到来!

年末から年始にかけて、QLD州の海も水温が上昇して本格的な夏の海になります。外洋に面した海では遠い沖からの強い黒潮の流れが押し寄せ、表層の回遊魚のカツオやサワラ類や、ハワイではマヒマヒと呼ばれる人気魚のシイラ、そしてゲーム・フィッシングの対象の代表格のカジキなどが黒潮に乗って沿岸にやって来るため、本格的な釣りシーズンの到来でもあります。

ただし、タイやハタなどを狙う外洋の中層や底釣りは、黒潮の速い海流が流れてくるので、餌を付けた仕掛けを海底まで落とすことが難しくなり、海流の影響をあまり受けない浅い場所しか狙うことができない場合が残念ながら多くなります。とはいえ、浅い場所でも表層魚が回遊している時期なので、沿岸でボートの移動時に船尾からルアーを流してトローリングすると、良型の獲物のヒットに恵まれることも多くなります。

著者とブリスベン湾内のマグロ
著者とブリスベン湾内のマグロ

浅いブリスベン湾内でも、サワラやスマカツオなどの本格的な回遊が始まり、大型のコビアと呼ばれるスギ(黒カンパチと呼ぶことも)や腰長マグロなども餌の小魚を求めてやって来る時期になります。

ブリスベン湾をホーム・グラウンドにしているボート・アングラー(ボートで釣りをする人)たちは、釣行の際にルアー用のロッドも1、2本ほど持参します。そして釣りポイントに向かう途中で鳥山(海鳥が水面の小魚の群れを襲う状況)やナブラ(大型魚が小魚の群れを水面に追い詰め襲う様子)と遭遇した時に、メタルと呼ばれる金属製のルアーや、魚そっくりに作られたプラスチック製のルアーを遠投して釣果を挙げています。

水温が上がり、魚の活性が高い時期は、ルアー・フィッシングが楽しめるチャンスなので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る