キスやクロダイなどの手軽なエサ

スーパーで売っている生エビ
スーパーで売っている生エビ

第115回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

キスやクロダイなどの手軽なエサ

水の温かいこの時期には、干潮になると海底が露出してしまうようなかなり浅い釣り場でも、潮が満ちてくると良型のキスやクロダイやマゴチ、そしてTarwhineと呼ばれるヘダイなどが餌を求めて回遊しているものです。彼らを狙うベスト・ベイトとしては、干潮時にその釣り場でスコップで掘ってブラッド·ワームというゴカイ類を見つけたり、ヤビー(和名:ボケ、穴ジャコ)などの甲殻類をヤビー用ポンプで吸い上げて捕り、餌として使用するのが一番です。しかし、そこまでの本格的な釣りではなく、ちょっと手軽に釣りでもという時の万能餌には生エビがお薦めです。

釣り具屋やガソリン·スタンドで売っている釣り専用の冷凍エビでもいいのですが、もっと手軽に使える餌としては、スーパーで見かける大きめなエビが重宝します。赤くゆでてあるエビではなく生の方で、高めのタイガー・エビではなく、少し安いバナナ・プロウンを4〜5匹(2〜3ドル)購入し、皮をむいて針の大きさに合わせて切り分けて餌にします。

私の釣りは潮具合の良い時間帯だけを狙う短時間のものなので大量の餌は必要なく、エビは料理用に少し多めに買っておき、余った分を小袋に入れて冷凍保存し、釣行時にそれを持っていくようにしています。もちろん釣り場に向かう道筋でスーパーに立ち寄って必要分量だけ購入するのも手です。

陸から狙える良型のシロギス
陸から狙える良型のシロギス

日本や韓国の食材店で購入できる冷凍サンマも丸秘の餌として重宝しています。釣行時に冷凍サンマを1、2本ほど持参し、3枚におろして針の大きさに合わせて細かく切って使用すると餌持ちも良いし、適度に脂がのっているのでそのにおいが寄せ餌にもなります。

今の時期に陸から釣れるキスのほとんどはサマー·ホワイティングという種類で持ち帰って良い規定サイズは23センチからです。クロダイやヘダイは同25センチ、マゴチは同40センチですので、それ以下のサイズはそっと放流してあげましょう。

なお、小さい針を使用すると奥深くのみ込まれてしまうことが多いので、サークル・フック(ネムリ針)を使うことによってのみ込まれを防ぐことができます。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る