エビのシーズンは大物釣りのチャンス

キャスト・ネット(投網)仕様に改造したボート
キャスト・ネット(投網)仕様に改造したボート

第128回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

エビのシーズンは大物釣りのチャンス

夏の暖かい北風のシーズンから涼しい南東風に変わる秋は、水温も徐々に低下し始めてマングローブの浅瀬にいたエビや小魚が冬や産卵シーズンに備え、少しずつ河口へと移動準備を始める時期です。

この移動するエビたちの群れを追うように、投網を載せたボートが続々と河口近くのボート・ランプに集結してきます。ボートの中からは網が投げやすく、そして網からこぼれて船底に飛び跳ねるエビを捕まえられるように、いすなどを取り払ってフラットに改造した専用ものが多く見られます。

以前はアジアからの移民の人たちがエビを投網で狙うことが多かったと感じられましたが、今ではさまざまな国の人たちがこぞって同じ方法でエビを狙っているように見受けられます。中には毎日のようにエビ捕りに精を出しているボートも見られますが、QLD州ではプレジャー・ボートで捕獲した海産物の売買は禁止されているので、いっぱい捕っても食べ切れるのか不思議です。

エビの下降シーズンは大物釣りのシーズン
エビの下降シーズンは大物釣りのシーズン

さて、このエビの大群が河口に移動してくるのを狙うのは投網ボートだけではありません。いろいろな魚たちも水中でエビを追ってくるので、大物釣りのドラマが繰り広げられています。

釣り場でエビが何かに追われて水面をピョンピョンと飛び跳ねている光景が見えたら、その下にはエビを追っている魚がいると見ても良いでしょう。エビに似たルアーをキャストすると、かなりの高い確率で型の良い魚がヒットしてくるはずです。クロダイやマゴチを筆頭に、トレバリー(シマアジ)やスレッドフィン・サーモンやマングローブ・ジャックという魚、そして、やや水深の深い場所ではマダイもシーズンに入ります。エビのシーズンは、大物釣りのシーズンです。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る