テイラーのシーズン到来!


テイラーとサワラとクロダイ

第131回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

テイラーのシーズン到来!

「アミキリ」という魚は、エサとなる魚を尻尾(Tail)から襲うため「テイラー(Tailer)」と呼ばれています。オーストラリア周辺海域の水温が下がってくると、南部のNSW州などからQLD州に産卵のために北上します。フレイザー島近辺で産卵するため、回遊するテイラー狙いのアングラーにとっては熱くなるシーズンです。

フレイザー島のビーチまで遠征せずとも、テイラーはツイード・ヘッズの南部からゴールドコースト、ストラドブローク、モートン島などの外洋ビーチ全体を回遊しています。

テイラーには鋭い歯があって、普通の仕掛けでは簡単に糸を切られてしまいます。釣り方は、3本の針が連結した「ギャング・フック」と呼ばれる針に冷凍イワシを1匹丸ごとセットしてビーチから沖に向かって遠投する釣り方が一般的です。ポイントは打ち寄せる波が沖に払い出す「カレント」と呼ばれる所です。白波があまり目立たない場所なので、分かりづらい人は知り合いのサーファーに聞くと良いでしょう。

まな板の上のテイラー
まな板の上のテイラー

テイラーは夜釣りでよく釣れます。これからのシーズンは、ゴールドコーストのスピットの釣り桟橋「シーウェー・ジェッティー」にテイラー狙いの釣り人が所狭しと並んでいる光景が見られることでしょう。

外道にはクロダイやサワラなどが混じりますが、夜釣りではジューフィッシュやサメやエイなども掛かってきます。特に、エイは尻尾に毒針があるので釣り上げたら細心の注意が必要です。

テイラーの身は水分が多く柔らかいので、和風にして食べる時は塩を振って冷蔵庫の中で一晩寝かしたり、天日で干して干し物にすると絶品です。

なお、QLD州では全長が35センチ以上のものを20匹まで持ち帰れます。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る