クイーンズランド州の釣り情報/マリンや釣り関係のフリー・マーケット

クイーンズランド州の釣り情報

フィッシング・ライター:金園泰秀(YASU=ブリスベン在住)

学校の校庭を会場に開催されたフリー・マーケット
学校の校庭を会場に開催されたフリー・マーケット

第148回
マリンや釣り関係のフリー・マーケット

非営利団体のボランティア・マリン・レスキュー(以下、VMR)が主催するフリー・マーケットが10月、ブリスベンの南方に位置するクリーブランド地区で6月に続き開催されました。

会場となったクリーブランドの高校の校庭には何十台ものトレーラー・ボートやヨット、釣道具やマリン・グッズなどを売る車が所狭しと並らび、早朝より鋭い眼光と共に広げられた商品を見て歩く人びとで溢れていました。

私も毎回このマーケットに出店して、古くなり使わなくなったダイワやシマノといった日本メーカーの竿やリール、ルアーなどを並べ、かなりの売り上げを得てお小遣いの足しにています。ただ、個人的に欲しい物を売っているお店もいっぱいあるため、せっかくの売り上げを浪費してしまうのが難点です。

出店料は、現地のフリー・マーケットとしては格安の10ドルですが、寄付も呼び掛けているので、売り上げが多かった場合は多めに還元してあげましょう。

ここで取り上げたマーケットは、クリーブランド地区のVMRが開催しています。その他の地区でも同様のイベントが開催されていることがあるので、お住まいの地区のVMRのウェブサイトからチェックしてみましょう。

ボランティア・マリン・レスキューの艇
ボランティア・マリン・レスキューの艇

VMRは非営利のボランティア組織であり海上での捜索救助サービスを行っています。メンバーに登録にすると(年間77ドル)、車のロードサイド・サービスのように、沖でボートのエンジン故障などで立ち往生した場合に、バッテリー上がりなどの修理や岸まで牽引のサービスを受けられます。また、ボートやヨットなどで出港する際に行き先や戻り時間などの情報を無線連絡すると、モニタリングされ、予定時間に帰ってこなければ捜索なども行ってもらえ安心です。

別途料金が必要になりますが、無線通信の講習やボートやジェット・スキー免許などの講習も行っています。ボート・オーナーになったら最寄のVMRのメンバーになることをお勧めします。

もちろんメンバーにならずとも、もし海上で緊急事態が発生したような時は“000”をコールすればVMRだけでなく水上警察やコースト・ガードなどが出動して救助してもらえます。なお、救難などに発生する経費詳細は不明です。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.facebook.com/kanazonoyasuhide

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る