クイーンズランド州の釣り情報/シロギス釣りのエサ

クイーンズランド州の釣り情報

フィッシング・ライター:金園泰秀(YASU=ブリスベン在住)

市販されているイソメ、ゴカイ類の擬似餌
市販されているイソメ、ゴカイ類の擬似餌

第149回
シロギス釣りのエサ

夏になるとQLD州の海岸のどこにでもいて手軽に狙えるシロギス。この時期に主に釣れるシロギスは、サンド・ホワイティング(サマー・ホワイティング)という種類で最大50センチくらいにまで育ちます。

さて、シロギス釣りの餌ですが、普段シロギスが食べ慣れている物がベストです。外洋側のビーチではビーチ・ワームという砂の中に生息している大型のゴカイの仲間、そして同じく砂の中にいるピピと呼ばれるアサリの仲間の剥(む)き身が有名です。内海や湾内では、砂泥の中に生息してるブラッド・ワームと呼ばれる赤い色のゴカイの仲間、ヤビーと呼ばれる穴ジャコの仲間や小エビなどの甲殻類が代表的です。

これらの餌を自分で採集するのがオージー・スタイルの釣り人の基本ですが、それなりに労力とテクニックが必要になります。でも、ローカルの釣道具店では生きている餌や冷凍保存された物が売られています。

最近では、ビーチ・ワームやブラッド・ワームに似せた擬似餌も登場しています。色や形状や硬さを似せている以外に、アミノ成分を配合して味がブレンドされている物もあります。

ただ、いくら似せてもプラスチックやシリコンでできた擬似餌ですので、本当の餌のようにただ置いておいても魚が飲み込んでくれるほどには食べてもらえません。ワームの擬似餌に関してはポイントに仕掛けを投入したら、少しずつリールを巻いてはちょっと止めるという動作を繰り返すと良いでしょう。また、アミノ成分の匂いも少しずつ薄まるのでたまに交換することも忘れずに。

サンド・ホワイティングは23センチ以上が30匹まで
サンド・ホワイティングは23センチ以上が30匹まで

サンド・ホワイティングは23センチ以上の物が30匹までという漁獲制限があります。また餌のビーチ・ワームやブラッド・ワームもそれぞれ30本、50本までと採集制限があります。ピピに関しても50個までとなっています。サンド・ホワイティング以外の制限がないキスもいますが、その区分がよく分からない時はキスは全てサンド・ホワイティングだと思って制限未満はそっと放流しましょう。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.facebook.com/kanazonoyasuhide

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る