バイブレーション・ルアーで手軽なマゴチ釣り

クイーンズランド州の釣り情報
やや深くなっている砂地のポイントを狙うのがコツ

第97回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

 

バイブレーション・ルアーで手軽なマゴチ釣り

リールのハンドルを巻いているとブルブルとルアーからの振動が伝わってくる。しばらくすると「コツン」という感じでマゴチがルアーにヒットした!

水温が低くてルアー・フィッシングでの釣りが難しい冬や早春は、海底が砂の内海で、のんびりルアー・フィッシングでマゴチを狙うのが手軽で楽しい時期です。

ルアーはバイブレーションと呼ばれる、金属や重いプラスティックでできた中央部分(腹の位置)と後部(尾)にフックがついたタイプのもので、キャストしてリールのハンドルを巻いて引くと、水の抵抗を受けて細かくボディが左右に「ブルブル」というような感じで震えます。この水中に伝わるバイブレーションの波動が魚の好奇心を呼ぶようです。

ルアーをキャストして海底まで沈め、そして少し早めに巻いて、再度海底まで沈めることを繰り返してマゴチを狙います。同じ場所に何回か投げて反応がなければ少し移動して歩くのがコツです。


バイブレーション・ルアーにヒットしたマゴチ。40センチ以下は放流しよう

ルアー自体がそれなりに重いので飛距離が出て、いろいろなポイントを広く探れるのが長所ですが、海底に岩や藻などの障害物があるところでは根掛かりすることが多く、高価なルアーを損失してしまうことも多いのが欠点です。ルアーの損失を防ぐには、海底が砂などで構成され根掛かりがない場所を選ぶか、針が海底に引かかっても強引に引っ張れば針が伸びてしまうくらいの太い糸を使うかが大切になります。

ゴールドコーストやサンシャイン・コーストの内海は、海底が砂で構成されているポイントが多いので、これから春に始まる大型マゴチの乗っ込みシーズンが楽しみです。

 

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る