【WH日記】ベンチャー起業家として実践で学べる幸せ ー 畑徳真さん

第21回

がんばるワーキング・ホリデー・メーカーにフォーカス

みんなの「ワーホリ・ダイアリー」

オーストラリアでがんばるワーキング・ホリデー・メーカーを毎月紹介。

 

今回登場のワーホリ・メーカーは?

畑徳真さん

1992年生まれ・静岡県出身
学生時代にウェブ・サービス事業の立ち上げなどを経て、2014年に渡豪。現在「Germ Eater」(Web: germeater.com.au)の代表を務める。

ベンチャー起業家として
実践で学べる幸せ

「人生をかけて起業するなら、海外から日本へ逆輸入するようなパターンが良いと思ったんです」と話す畑さんは、現在23歳。ジャーム・イーター(Germ Eater)という除菌スプレーの製造販売を行う同名の事業を、今年1月に立ち上げたばかり。しかしこれは彼にとって初めての起業ではないそうだ。

最初の起業は学生時代

高校卒業後、進学しビジネスに必要な資格取得などの勉強をしながら、派遣会社を通して家電量販店の売り場でアルバイトを始めた。工夫を凝らしながら仕事に向き合い1カ月で売り上げが急増したことから、派遣会社の営業職に就くことに。「元々負けず嫌いでやんちゃな性格でした。『1番になる』と決めて仕事に取り組んだのが良かったと思います。給与にも影響しましたし(笑)」と明るく話す畑さん。朝から夕方まで学校、夕方から夜中まで仕事、という多忙なスケジュールの中で複数の起業アイデアを練り、そのうちの1つを選んで20歳で個人事業も始動させた。

「子どものころから住んでいた静岡県は市民のサッカー人口が多く、参加型イベントも盛んでしたが、その反面、初心者などは入っていきづらい雰囲気も。そこで、誰でも気軽に参加できるフットサル・イベントのウェブ予約サービスをやりたいと考え、気の合う仲間を集めて着手しました。大会なども運営し、SNSの戦略的な活用によってフットサル未経験者や高校生の参加者も増やすなど、需要の拡大を図りました」

充実してはいたが、睡眠時間を削る毎日の連続だったという畑さんは、軌道に乗ったところで事業を潔く人の手に委ねることに。ベンチャーから気持ちが離れたわけではなかったが、新たな学びを得るため就職活動を行い、医療系の会社の総合職に就いた。だが想像以上に旧態依然とした企業体質に満たされない思いを感じ、やがて海外での起業を本格的に計画し始める。

多国籍環境で気付いた「やりたいこと」

「ミャンマーやインドネシアにビジネスの場として興味を持ったのですが、ワーホリ・ビザが使えたこともありオーストラリアを選びました。英語圏でアジア系のバック・グラウンドを持つ人も多く、市場規模も適切。将来アジアに進出して事業をやる上でも良い環境」と判断し、シドニーへ。人脈作りも兼ね日本企業で営業の仕事をしながら、マーケティングの勉強をし事業計画を練る。

「実際にこちらに来る前は住宅賃貸サービスなどのウェブ事業をやる予定だったのですが、多国籍環境で暮らすうちに『日本人だからできること』をやってみたくなった」と気持ちに変化が出てきた。日本生まれの技術で作られた次亜塩素酸水という、食塩水を電気分解して生成する除菌製品の製造販売に向け、自身で「Germ Eater」を設立した。

「自分で使用して次亜塩素酸水の衛生効果の高さを実感していました。日本では複数の会社が扱い、1本約2,000円ですがネット販売だけでもかなりの実績を伸ばしている話題の商品。しかしオーストラリアではうちが1社目です」

衣類の消臭・除菌や掃除に有効で、うがいにも使えるという安全性の高い次亜塩素酸水だが、この国ではまだ無名に等しい。「独学のほか、マーケティングのプロに師事して今も市場や戦略を学んでいます。オージーの家庭にアンケートを取らせてもらったり、同系統の他社製品のマーケティングなども参考にしました」と話す畑さんは、子どもを持つ親をターゲットとし、マスコット・キャラクターを用いた日本的な販売方法も展開中だ。

「マーケティングについては実践がすべてですから、こうして実践で学べることを幸せだと思います。これを生かして日本の技術、プロダクトを世界のマーケットに出す発信元になっていきたいです。ベンチャーだからこそできることを考え、東南アジアやアフリカなども視野に入れて。遠くない将来、世界で活躍する日本人を増やすような“教育”に携わりたいという目標もあります」

現在はほかの商品も扱う傍ら、マーケティング以外にインドネシア語や動画制作などについても広く学んでいるという。多忙に変わりはないが、変化したのは時間の使い方。「オーストラリアらしく、効率良くすべてを時間内に、というやり方に変えました。勉強したらすぐに使う、今使うものを集中的に勉強する。時間だけはすべての人に平等なものだから」と力を込めて話す畑さん。そんな彼の「今」から続いていく未来が楽しみだ。

※P5にGerm Eater製品プレゼントあり。応募はnichigopress.jp/campaignから

「ワーキング・ホリデー・メーカー」募集中!
自薦、他薦は問いません! 「推薦理由」等、詳細をお書き添えの上、編集部(nichigopress@gmail.com)まで。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る