Jリーグ・横浜Fマリノスによるサッカー・ホリディ・プログラムがシドニーで開催

Jリーグ・横浜Fマリノスによるサッカー・ホリディ・プログラムがシドニーで開催

Fマリノス サッカー・ホリディ・プログラム

主にクイーンズランド州で青少年のサッカーを通じた交流事業を手掛けてきたエイトフットボール(代表・山口幹太)が、Jリーグの強豪・横浜Fマリノスの下部組織とシドニー北部を管轄するノーザン・サバーブ・サッカー協会と共同で「横浜Fマリノス・エリート・フットボール・クリニック」をシドニー北郊で開催する。

 Jリーグ・トップ・クラブのトレーニング・メソッドによる豪州での育成世代の技術向上を第一義に、Jクラブに所属する日本人指導者の海外での指導経験や海外進出の機会創出、人材交流など三者のニーズが一致して実現したクリニックは、大いに地元サッカー界の注目を集めている。

 日頃、地元のクラブでプレーする日系のサッカー少年少女にとっても、日本の一流のコーチングに触れることが出来るまたとない機会。クリニック期間中には、Fマリノスコーチ陣によるスカウティングも行われ、目に留まった選手には横浜での練習参加(13~15歳のセッション参加者のみ。渡航費用の実費は選手側負担)の機会を得る可能性もあるという。

▼会場:ノース・トゥラムラ・レクリエーション・リザーブ(361 Bobbinhead Rd., North Turramurra)
▼日程:7月5日(水)~7日(金)
▼時間:9AM~11AM(2005年、2006年生まれの少年少女)、1PM~3PM(2000~2002年生まれの少年)
▼費用:$210
▼定員:各セッション50人まで
▼対象:上記の年齢カテゴリーで、地元クラブのNPLレベルで活動している選手対象
▼問い合わせ:footballschool@nsfa.asn.au(英語)
▼Web: www.bit.ly/NTJapan(申し込み、詳細)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る