アーティスト・上田祥玄氏個展、メルボルンで開催中

アーティスト・上田祥玄氏個展、メルボルンで開催中

 上田詳玄氏は、アフリカ・タンザニアで生まれたポップ・アート「ティンガティンガ」に魅了され、大手企業から退職、単身でタンザニアまで足を運び現地アーティストから絵画技法を学んだという異色の経歴を持つアーティスト。同氏の作品はダークな色の背景と鮮やかな色彩の組み合わせが特徴的で、テーマとして「生きる喜びの表現」が根底にある。同氏の個展「ON THE CUSP OF JOY」が10月19日(金)までメルボルン市内・101コリンズで開催中。同展にぜひ訪れてみてはいかかだろうか。

■Shogen Ueda: ON THE CUSP OF JOY
▼会場:101 Collins (101 Collins St. Foyer. Melbourne VIC)
▼日時:10月8日(月)~19日(金)9AM~5:30PM、土・日を除く
▼Web: www.nzu-risana.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る