2016年7月 メルボルン/ローカル・コミュニティー・ニュース

『Happy Hour』
『Happy Hour』
『OUR HUFF AND PUFF JOURNEY』
『OUR HUFF AND PUFF JOURNEY』

メルボルン国際映画祭

7月28日から開幕

南半球最大の映画祭、第65回メルボルン国際映画祭が7月28日から開幕する。同映画祭は1952年から始まり、オーストラリアでは一番長い歴史を持つ映画祭として知られる。長編映画からコンペ作品、話題のドキュメンタリー映画まで、さまざまなジャンル、国、時代の映画が楽しめ、毎年多くの観客でにぎわう。8月14日までの会期中、国内外の映画約300本以上が市内各地の映画館で上映される。

日本映画からは、演技経験のない4人の女性たちが、スイス・ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞し話題となった、濱口竜介監督の5時間17分の長編作品『ハッピー・アワー』など2作品が選ばれ、今後も日本映画の上映は増える予定だ。フル・プログラムの詳細は7月5日に発表され、一般チケットは7月8日から発売される。

■上映予定の日本作品
『Happy Hour』(2015、317分、濱口竜介監督)
『OUR HUFF AND PUFF JOURNEY』(2015、90分、松居大
悟監督)
■メルボルン国際映画祭
日程:7月28日(木)~8月14日(日)
会場:市内各地映画館
料金:7月8日(金)から一般発売開始 
Tel: (03)8660-4888
Web: miff.com.au


男子42キロ以下部門の決勝で背負い投げの一本で優勝を決める、とよしまこうせい選手
男子42キロ以下部門の決勝で背負い投げの一本で優勝を決める、とよしまこうせい選手
表彰式でメダル授与を行った羽田恵子総領事
表彰式でメダル授与を行った羽田恵子総領事

VIC州で13年ぶり、柔道の国内選手権大会

メルボルン西南郊のジーロングで6月10~13日、第61回柔道国内選手権大会が開催された。国内最高峰の同大会がVIC州で開催されるのは2003年以来13年ぶり。9歳から70歳まで約800人の柔道家が116部門に分かれて参戦し、全豪チャンピオンの座を競い合った。

8月のリオデジャネイロ五輪に出場する豪州代表選手の選考発表会も兼ねられ、選出された7人は大会2日目に発表された。また在メルボルン日本国総領事館の羽田恵子総領事も来賓として招かれ、複数部門の表彰式でメダルを授与した。

地元ジーロングへの全国大会誘致に尽力したダグラス・ノアクVIC州柔道連盟会長は「まだまだ国内の柔道競技人口は少なく、礼儀作法を重んじる武道への理解度も低い。少しでも多くの人にその魅力を伝え裾野を広げることで、豪州柔道界全体が盛り上がれば。そのためにも五輪で豪州初となる銀メダル以上がぜひ欲しい」とリオ五輪への期待を示した。


今年のベスト・レストランはイタリア・モデナの「Osteria Francescana」が初受賞。ニューヨークでの授賞式の様子(Photo: The World’s 50 Best Restaurants)
今年のベスト・レストランはイタリア・モデナの「Osteria Francescana」が初受賞。ニューヨークでの授賞式の様子(Photo: The World’s 50 Best Restaurants)

ベスト・レストラン50・アワード、
来年メルボルンで開催

世界のベスト・レストラン50とオーストラリア政府観光局は6月13日、世界ベスト・レストラン50のアワード・イベントを2017年にメルボルンで開催すると発表した。

このイベントは世界中の美食を称えるための賞で、世界中から集められた1,000人のアカデミー・メンバーの投票により、毎年ベスト・レストランが選ばれる。授賞式は過去14回がロンドン、今年は初めてニューヨークで開かれ、オーストラリアからはメルボルンの「Attica」が33位に入賞した。オーストラリアは近年、「Attica」、「Quay」、「Sepia」、「Brae」などの高級レストランが世界のベスト・レストラン50にランク入りし、美食を楽しめる旅行先として注目を浴びている。

オーストラリア政府観光局のマネージング・ディレクターのジョン・オサリバン氏は、「世界のベスト・レストラン50のアワードと関連イベントは、『レストラン・オーストラリア(美食大陸オーストラリア)』キャンペーンの一貫として行われ、「料理とワイン」をテーマにした幅広いイベントやアクティビティーを盛り込んだスケジュールを組み、メルボルンでの開催を盛り上げていく」と述べた。

2013年12月から行っている「美食大陸オーストラリア」グローバル・キャンペーンにより、海外旅行者による料理・ワイン関連への支出額は開始当初に比べ、10億豪ドル(25%)以上増加した。今後も「料理とワインが楽しめる旅行先」として、国際的な認識を高めるイベントが豪各地で行われる予定だ。


熊本地震支援チャリティー和太鼓コンサート

メルボルンを拠点に活動する和太鼓りんどうが、熊本地震被災地支援コンサートを7月24日午後2~4時半、同市アボッツフォードにある「St. Philip Church」で開く。

和太鼓「りんどう」を主宰する坂本敏範さんは熊本県熊本市出身。熊本の邦楽仲間たちが、破壊された文化財や熊本の文化を守るための基金を立ち上げたことをきっかけに、メルボルンからも支援をと呼び掛けを始めた。

チャリティー・コンサートの売上全額は、伝統芸能や工芸を含む文化財への援助、支援を行う「くまもと城下町復興募金」へ寄付する。問い合わせは0421-307-236(坂本)まで。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る