2016年10月 メルボルン/ローカル・コミュニティー・ニュース

Chiharu Shiota(Photo: Sunhi Man)
Chiharu Shiota(Photo: Sunhi Man)

メルボルン・フェスティバルが開幕

最先端アートが街を彩る

恒例の芸術祭「メルボルン・フェスティバル2016」が10月6日、メルボルン市内の会場を中心に開幕する。国内外で活躍するアーティストによるパフォーマンス、音楽、映画、ダンス、マルチメディアなど、同月23日までの会期中、さまざまなジャンルの最先端アートが街を彩る。

今年は国際的に活躍するベルリン在住の日本人アーティスト・塩田千春氏の「Absent Bodies」が市内のアナ・シュワルツ・ギャラリーに展示される。塩田氏の作品はこれまで、欧米、アジア諸国の展示会で高い評価を得ており、昨年のベネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館では、大規模なインスタレーションで幻想的な世界を表現し話題となった。同氏はオーストラリア国立大学キャンベラ・スクール・オブ・アートに留学したこともあり、過去にはタスマニア州ホバート市やシドニー・ビエンナーレでも作品を展示している。

■メルボルン・フェスティバル
日程:10月6日(木)~23日(日)
会場:メルボルン市内各地 
料金:プログラムにより異なる
Web: www.melbournefestival.com.au


全校生徒で日本語劇披露
イマージョン教育校のハンティングデール小学校

ステージで練習を重ねた日本語劇を披露する生徒
ステージで練習を重ねた日本語劇を披露する生徒

日英バイリンガル児童の育成を目指すメルボルンの公立イマージョン教育校ハンティングデール小学校(HPS)が9月9日、モナシュ大学講堂を会場に、日頃のバイリンガル学習の成果披露の場として隔年で実施している日本語劇の発表会を行った。

同校に通うプレップ(日本の幼稚園年長)から6年生まで約200人の全校生徒が参加した劇「サマー・ドリーム」は、冬の日本から真夏のオーストラリアを訪問した子どもたちが、現地の子どもたちとの交流の中で互いの自然や文化の違いについて理解を深めていく物語。劇中のダンスはプロの振付師から指導を受けた。600人近く集まった観客の大きな拍手で幕を閉じた劇に参加した生徒は「皆が大きな声で台詞を言えた」「劇を通して全校生徒が1つになれた」と上演の成功に声を弾ませていた。

イマージョン教育は母国語以外の外国語を教える際の特殊な教育方法で、外国語自体を教えるのではなく、理科、体育、音楽、図工といった授業を教師が外国語を使用して教え、生徒に自然に外国語を習得させるバイリンガル教育プログラム。VIC州は他州に比べてイマージョン教育によるバイリンガル人材の育成に積極的で、州内には全部で12の公立校が同プログラムによるバイリンガル教育を行っている。日本語教師によって日本語バイリンガル教育を行っている学校は州内にHPSを含め3校ある。


フェアヒルズ高校でプレゼンテーションをする岩手県野田中学校の皆さん
フェアヒルズ高校でプレゼンテーションをする岩手県野田中学校の皆さん

日豪学生が交流、震災被災地中学生が来豪

東日本大震災で被災した岩手県と宮城県の中学生6人が8月29日からメルボルンを訪問。ホームステイをしながら、現地校で日本語のクラスがあるフェアヒルズ高校で短期留学体験をした。

岩手県野田中学校と宮城県女川中学校からそれぞれ3人が選ばれ、9月5日には同校で復興プレゼンテーションを行った。各校3人がグループになり、地元のアピールと震災から5年経つ現在の街の現状を、多くの写真を使って英語で説明した。

今年で5回目を迎える同プロジェクトは、被災地域の中学生を豪州に招待する支援事業「日豪ジュニア・プロジェクト」(代表=齊藤恵子)によるもの。広い視野を持って復興に貢献できる人材を育てようと、メルボルン在住の留学コーディネーターの秋元みどりさんが企画、岩手県女医会の齊藤恵子会長の協力を得て実施している。

年々プロジェクトに賛同する人も増え、今年は「和太鼓りんどう」を主宰する坂本敏範さん夫妻、三味線奏者の只野徳子さんらが応援に駆けつけ、プレゼンテーション前に渾身の演奏を披露し会場を盛り上げた。


左から、歴代メルボルン日本人会の会頭・会長を務めた安田政秀氏、嵯峨伸二氏、早川洋氏
左から、歴代メルボルン日本人会の会頭・会長を務めた安田政秀氏、嵯峨伸二氏、早川洋氏

豪日協会・商工会議所・日本人会、
合同ディナー開催

豪日協会、商工会議所、日本人会が合同で行う「スプリング・ガラ・ディナー」が9月16日、メルボルン市内のクラウン・タワー・ホテルで行われた。VIC州豪日協会共同議長で元駐日オーストラリア大使マレー・マクレーン氏の開会のあいさつで始まった同ディナーは、政治・経済界を始め過去最多の240人が参加した。

羽田恵子メルボルン総領事のあいさつでは、メルボルン日本商工会議所、並びにメルボルン日本人会に対し、平成28年度外務大臣表彰が授与されたことを述べ、日豪両国の友好関係強化に尽力した功績を称え表彰状の授与を行った。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る