2017年6月 メルボルン/ローカル・コミュニティー・ニュース

The great wave off Kanagawa c. 1830 from the Thirty-six views of Mt Fuji series 1826–33
The great wave off Kanagawa c. 1830 from the Thirty-six views of Mt Fuji series 1826–33

ビクトリア国立美術館で7月から北斎展

ビクトリア国立美術館(NGV)は7月21日から10月15日まで、江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の作品展を開催すると発表した。

1909年に同美術館が購入し所蔵する『神奈川沖浪裏』など5点を始め、長野県松本市にある日本浮世絵博物館の協力を得て、『富嶽三十六景』『諸国滝廻り』『琉球八景』など129点の木版画、4点の絵画、貴重な本10点が展示される。これだけ大規模な北斎の展示はオーストラリアで初の試み。また、今年12月にはNGV開催「トリエンナール」において草間彌生の展示も予定されており、日本の古典、現代美術が共にに注目される年になりそうだ。


日本紙パルプ、オセアニアの同業者を買収

日本紙パルプ商事は12日、オセアニア首位のページパック社(オークランド市)と同3位の豪州企業ドゲット社(メルボルン市)を買収すると発表した。2社統合後の株式51%を7月に取得する。人口減により国内の紙市場が縮小しており、同社は積極的に海外同業者の買収を進めている。オーストラリアやニュージーランドでは移民政策により人口が増え続けているが、同業者の競合が少ない。今後は取扱商品の拡大、商品供給の体制を確立して安定した収益確保を目指す。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る