2016年8月 ニュース/QLD

国内農業の保護やオーストラリア北部の開発などを訴えてきたQLD州選出のボブ・カッター下院議員
国内農業の保護やオーストラリア北部の開発などを訴えてきたQLD州選出のボブ・カッター下院議員

与党、QLD州で勢力維持−連邦選挙

州内の下院選挙区で22議席獲得の公算

7月2日投票の連邦選挙で、QLD州の下院議席(小選挙区制=定数30)の大勢が12日までに判明した。12日午後4時時点の公共放送ABCの予測によると、与党自由国民党は2013年の前回選挙時と同じ22議席、最大野党の労働党は1議席増の7議席をそれぞれ獲得しそうだ。

保守連合と労働党の2大政党は、激戦区が多いQLD州を選挙全体の勝敗を左右する「主戦場」と位置付けた。両党首がQLD州で遊説をスタートさせるなど激しい選挙戦を展開した。与党は全国規模で大幅に議席を減らしたが、重点的に戦ったQLD州では逆風を最小限に食い止めた格好だ。保守連合へのスイング(得票の増減率)はマイナス3.4%に達したが、QLD州ではマイナス2.5%にとどまった。

一方、少数勢力の有力議員、ボブ・カッター氏(カッターのオーストラリア党=KAP)は、大幅に得票を伸ばして議席を維持した。前回選挙で旋風を巻き起こしたものの1期限りで政界を引退した富豪クライブ・パーマー氏の「パーマー統一党」は、前回選挙で獲得した1議席を失った。

オーストラリア連邦選挙管理委員会(AEC)の集計によると、州内の2議席で与野党候補が僅差を争っており、州内の議席数確定にはさらに時間がかかる見通し。

「一匹狼」カッター氏、影響力拡大も

カッター氏は7日、マルコム・ターンブル首相と会談し、与党保守連合が仮に下院で過半数に届かない「ハング・パーラメント」となった場合、与党を支持することを約束した。キャスティング・ボートを握るキーマンとして、議会で発言力を拡大する可能性がある。

カッター氏は現在70歳。QLD州議員、州閣僚を経て1993年にQLD州北西部ケネディー選挙区から立候補して初当選した。無所属で活動していたが、2011年に農村の利益を代表する新党KAPを立ち上げた。社会政策では保守派だが、経済政策では保護主義的な傾向が強く、自由貿易を推進する保守連合と距離を置いてきた。

関税引き下げや公営企業の民営化に反対し、歯に衣を着せぬ「一匹狼」として知られる。治水インフラ整備を含むオーストラリア北部の振興策、外国人の農地買収の制限、植物由来のエタノール燃料の利用拡大、大手スーパー2社の寡占状態の解消なども訴えている。

連邦下院QLD州の各党議席数

政党 予想議席数 前回選挙の議席数
自由国民党(保守連合) 22 22
労働党 7 6
カッターのオーストラリア党 1 1
パーマー統一党 0 1
合計 30 30

出典:ABC電子版


ゴールドコースト市はアウトドアでの食べ物の販売を促進している(Photo: City of Gold Coast)
ゴールドコースト市はアウトドアでの食べ物の販売を促進している(Photo: City of Gold Coast)

「フード・トラック」、GCの公園で営業開始
移動式の屋台で食べ物販売

自動車を改造した移動式の屋台で食べ物を販売する「フード・トラック」が6月25日、ゴールドコースト(GC)市内にある10カ所の公園で試験的な営業を始めた。GC市が認可した14台のフード・トラックのうち、営業免許を取得した4台がこの日から公園での販売を開始した。

GC市によると、市内の路上で営業免許を持つフード・トラックは現在、258台あり、2013年の200台から大幅に増えた。今回、市営の公園内での営業を認めることで、食文化の多様化を図る。ボブ・ラ・カストラGC市議は「おいしい食べ物と素晴らしいアウトドアを同時に楽しんでもらえる。公園の利用者に全く新しい体験を提供できる」とコメントした。

公園での営業の試行は18年にGCで開かれるコモンウェルス・ゲームズ(英連邦のスポーツ大会)まで継続する予定。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る