2016年10月 ニュース/総合

景気後退なき成長、25年間続く

6月期GDP、前年同期比3. 3%増

オーストラリア経済は1991年4月〜6月期以来100四半期にわたり、リセッション(景気後退=2期連続のマイナス成長)を経験しないまま成長を続けている。オーストラリア統計局(ABS)が9月7日に発表した4月〜6月期の国内総生産(GDP)統計で明らかになった。

実質国内総生産(季節調整済み)は前期比で0.5%増と1月〜3月期の1.0%増から鈍化したものの、堅調な成長を維持した。前年同期比では3.3%増となり、連邦財務省やオーストラリア準備銀(RBA=中央銀行)が適度な水準と想定している「3%台半ば」まで回復した。15/16年度の成長率は2.9%となり、連邦政府が16/17年度予算案(5月発表)の経済見通しで予想した2.5%を上回った。

オーストラリアのGDPはこの25年間、ITバブル崩壊後の2000年9月〜12月期、世界金融危機後の08年9月〜12月期、11年3月期の3回、前期比でマイナス成長を記録したが、いずれも2期連続のマイナス成長は回避した。

このまま17年4月〜6月期までリセッションに陥らなければ、オランダが1982年〜2008年に達成した103四半期連続の最長記録を更新する。

公共投資が成長下支え

最終消費支出は前期比で0.6%増加した。内訳は政府部門が1.9%増、家計部門が0.4%増と共に堅調だった。引き続き低調な資源投資を背景に、民間部門の投資は3.4%減となったが、政府部門の投資は15.5%と高い伸びを示した。

政府支出の大幅な増加について、9月7日付の公共放送ABC(電子版)は「政府部門の支出は成長率を前期比で1.0ポイント、前年同期比で1.2ポイント押し上げた。この影の景気刺激策がなければ、より弱い結果になっていた可能性がある」とのエコノミストの声を伝えた。

スコット・モリソン連邦財務相は会見で「インフラ支出は、雇用の促進と経済成長を図る我々の経済政策の中核を成し、経済の生産余力を拡大させるものだ」と述べ、インフラ整備の公共投資を成長の原動力とする考えを強調した。

リセッションの懸念遠のく

ちょうど1年前、中国発の世界同時株安「チャイナ・ショック」が発生し、オーストラリアが四半世紀ぶりにリセッションに突入するとの見方も出た。ところが、英国の欧州連合(EU)離脱などを背景に世界経済の先行きに不透明感が増しているにもかかわらず、足元ではリセッションの懸念は後退している。

金融緩和と財政出動の両輪がうまく奏功している可能性がある。RBAが政策金利を史上最低の1.5%まで引き下げて強力な金融緩和を持続。政府も実質的な景気刺激策と言える財政出動を行っている。豪ドル安が資源価格の下落による打撃をある程度相殺し、鉄鉱石などの輸出数量も堅調に推移している。

他の主要先進国のようにオーストラリアが「緩和中毒」(金融緩和から抜け出せない状況)に陥りつつあることは否めないが、ここ数年足踏みしていた景気が上向いていることは確かなようだ。


日系損保の旅行保険に最高評価
東京海上日動の「World2Cover」(ワールド2カバー)

金融商品の比較サイトを運営するブリスベン拠点の「キャンスター」(CANSTAR)は8月18日、最も費用対効果が高い旅行保険に与える2016年の「アウトスタンディング・バリュー・トラベル・インシュランス賞」の選考結果を明らかにした。同賞では、4部門のうち海外と国内の旅行保険の2部門で、日本の損保大手、東京海上日動の旅行保険「World2Cover」が最優秀賞を受賞した。

審査対象は、オーストラリア国内で75社が販売している87の国内旅行保険と225の海外旅行保険。独身者、カップル、子ども2人の家族の3つのケースについて、緊急時のサポート体制、海外旅行中の契約期間延長の可否、海外旅行中の治療・入院費の補償上限額などさまざまなカテゴリーごとに、サービスの充実度を精査した。

その結果、World2Coverは海外旅行保険部門で「ほぼ全ての状況で補償が受けられる、包括的に充実した商品を提供している」とした。国内旅行保険部門でも「25歳まで扶養家族の追加料金がかからないこと」などを高く評価した。

東京海上日動の在豪法人で副最高経営責任者を務めるクローディア・サイタ氏は、保険業界のニュース・サイト「インシュランス・ビジネス」(8月25日付)で「リーズナブルな価格であるだけでなく、当社の理念である、『全ての人や社会から信頼される良い会社であること –To Be a Good Company』と日本の『おもてなし』の心を反映した安心頂けるサービスを提供いたします」とコメントした。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る