2014年4月 ニュース/コミュニティー


クレア4月号別冊「極上の癒しを求めてオーストラリアへ」

女性誌「クレア」で豪観光PR

政府観光局、ケアンズやGCなど紹介

オーストラリア政府観光局(TA)は現在、日本市場でオーストラリア観光をPRする「私のイチオシキャンペーン」を展開している。同キャンペーンは30~59歳の大人の旅行者にオーストラリアの上質な旅を訴求することが狙い。30代の自立した女性を読者ターゲットとする日本の女性誌「クレア」(文芸春秋)とタイアップしてオーストラリア特集を展開しているほか、航空券などが当たるプレゼント企画や広告出稿を実施している。
 3月7日発売のクレア4月号では、36ページの別冊付録「極上の癒しを求めてオーストラリアへ」を掲載。ケアンズとゴールドコースト、シドニー、メルボルン、ウルル、パースの6カ所に焦点を当て、オーストラリアの自然や文化、食、ワイン、ショッピングなどの情報を取り上げた。別冊付録はオーストラリア旅行商品の販促ツールとして旅行会社の店頭でも無料配布される。同誌のウェブサイト内にも特設ページを設け、オーストラリアの魅力を6週にわたって紹介している。
 これに合わせて、キャセイパシフィック航空のオーストラリア行きビジネス・クラスの往復航空券などの賞品が当たるプレゼント・キャンペーンを実施。新聞4紙にも広告特集を出稿するほか、関東と関西の主要駅構内の広告や車内中吊り広告も展開する。


ブリスベンで日本語教育のフォーラム

講演やパネル・ディスカッション行う

QLD州での日本語教育をめぐる経緯や現状、将来について議論する「クイーンズランド・フォーラム・オン・ジャパニーズ・エデュケーション」が4月12日、ブリスベン市内で開かれる。外国語を履修する生徒・学生の間で日本語の人気を維持しつつ教育の質を向上させることが重要との観点から、ゲスト・スピーカーが講演する。パネル・ディスカッションも行われる。
 グリフィス大、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)シドニー日本文化センター、クイーンズランド大、QLD州の語学教師の団体「モダン・ランゲージ・ティーチャーズ・アソシエーション・オブ・クイーンズランド」(MLTAQ)が共催する。在ブリスベン日本国総領事館が後援する。希望者は4月8日までにMLTAQのウェブサイトからオンラインで申し込み、参加費を支払う。


■Queensland Forum on Japanese Language Education – Past, Present and Future
日時:4月12日(土)9AM~3:30PM
会場:The Shore Restaurant and Bar South Bank Parklands
参加費:$75
申し込みWeb: mltaq.asn.au



GCの新ライトレール、架線に電力供給開始

昨年末に一部で試験運転を開始したゴールドコースト(GC)の新しい路面電車(ライトレール=トラム)「G:リンク」はこのほど、サーファーズ・パラダイス中心部からブロードビーチの区間で架線への電力供給と試験運転を始めた。運営会社のゴールドリンクは、新たに設置されたトラム関連の交通標識や信号(右)を守るよう市民に注意を呼びかけている。トラムは試運転の後、今年中ごろに営業運転を開始する予定。


健康増進のためのプログラム
日本人のシニア対象に

ゴールドコーストのアッシュモアにある「マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト」(MCCGC)の会館で5月6日、13日、20日の3日間、健康的な生活を送るためのプログラム「カフェD」が日本人シニア向けに開催される。専門家が日本語通訳を通して運動や栄養・食事の指導を行ったり、料理教室を開いたりする。移住者の支援や文化交流などを行っているMCCGCと、市民の健康増進を目的に活動している「ゴールドコースト・メディケア・ローカル」の2つの非営利団体が共催する。


■特別健康増進プログラム「カフェD」
日時:5月6日(火)、13日(火)、20日(火)10AM~2PM
会場:MCCGC, 1 Dominions Rd., Ashmore
参加費:$15(3日間の受講料、昼食、万歩計、水筒数本の代金を含む)
問い合わせ・申し込みTel: (07)5527-8011、Email: yoshikom@mccgc.com.au(日本語でよしこさんまで)



オープン・クラスの決勝に勝ち残った出場選手

日本人サーフィン大会開催

サーファーズ・パラダイスのサーフショップ「レトリック」が主催する日本人サーフィン大会「レトリック・カップ2014」が3月2日、ゴールドコースト南部カランビンで開かれた。同大会の開催は今年で17回目。当日は晴天と良い波に恵まれ、出場選手にとっては実力を試す絶好のコンディションとなった。同日午後にはサーファーズ・パラダイスで表彰式と打ち上げパーティーが開催された。各クラスの優勝者は次の通り。


■レトリック・カップ2014優勝者(敬称略)
U12:タケウチ・カツト
ビギナー:デグラ・タカズミ
女子:ニシナカ・サチコ
オープン:タイラ・ヒデノリ
プロ・アマ:ヤマナカ・カイキ(プロ)


フェイスブックで情報提供
在ブリスベン日本国総領事館

在ブリスベン日本国総領事館は昨年開設した交流サイト「フェイスブック」の専用ページで、地元のイベントや総領事館の活動、日本の文化に関する情報などを提供している。同ページにアクセスして「いいね!」を押せば、常に最新の情報提供を受けることができる。


■在ブリスベン日本国総領事館フェイスブック・ページ
www.facebook.com/JapanCons.Brisbane


大規模なパーティー開催は事前に登録を
QLD州警察が推奨

若者が個人宅で開く大規模なパーティーをめぐり、周辺住民とのトラブルや暴力事件が社会問題になっている。QLD州警察は問題発生時に敏速に対応できるよう、専用サイト「パーティー・セーフ」(Party Safe)に事前に登録することを開催者に推奨している。州警察は、招待されていないにもかかわらず騒ぎを起こす「ゲート・クラッシャー」の乱入を防ぐため招待客以外は事前に入場を断る、第3者が閲覧できるインターネットの掲示板を利用しない、近所にも事前に伝えるなどの対策を呼びかけている。


■QLD州警察「パーティー・セーフ」
Web: www.police.gov.au/party

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る