2015年3月 ニュース/コミュニティー

阪神・淡路大震災20年の銘板

駐大阪豪総領事が神戸市長に手渡す

1995年1月17日の阪神・淡路大震災から20年が経過したことを機に、ブリスベン市は姉妹都市の神戸市に相互支援の証として銘板を贈呈した。キャサリン・テイラー駐大阪オーストラリア総領事が1月13日、神戸市役所で久元喜造市長に手渡した。銘板は横45センチ、縦30センチで、犠牲者の追悼記念碑がある神戸市内の東遊園地内に設置された。

ブリスベン市のグラハム・クァーク市長は声明で「青銅製の銘板は、良い時も助けが必要な時もともに両市民が助けあっていくことを示すシンボルだ」と語った。両市は85年に姉妹都市提携を締結していて、今年は30周年の節目。同市長は今後、いっそうの交流拡大を図るとしている。


GCで中国旧正月のイベント
サウスポートの新「チャイナタウン」で

ゴールドコースト(GC)市は2月21日、市内のサウスポートで中国の旧正月(春節)を祝うイベントを開催する。ヤング・ストリートとダベンポート・ストリートで同日午後3時〜午後9時、軽食や小物などを販売する屋台(アジアン・フード・マーケット)が出店し、音楽やパフォーマンスの上演、獅子舞、伝統文化の紹介、映画の野外上映、子ども向けの催しなどを行う。午後9時にはイベントの締めくくりとして花火も打ち上がる。
 この一帯は市が今年からチャイナタウン(中華街)と位置付けていて、新名所としてPRしている。アジアン・フード・マーケットは今年4月から常設する。



青山学院大空手道部の皆さん

空手のTSKF、3月にGCで全国大会
青山学院大空手道部も参加

日本の「伝統松濤館空手道連盟」(TSKF)のオーストラリア支部は3月13〜14日、ゴールドコーストのランナウェイ・ベイ・インドア・スタジアムで「第1回オーストラレーシアン選手権大会」を開催する。2011年ISKFワールド・カップの「男子団体組手」の部で優勝するなど優秀な成績を収めているオーストラリア・チーム、ニュージーランド・チーム、世界や国内の多くの大会で優秀な成績を収めている青山学院大空手道部が対決する。


青山学院大空手道部OBで、TSKFオーストラリア・チームの一員として参戦する柴崎智史選手

オーストラリアとニュージーランドのチームは同連盟の高橋主席師範がこれまで40年以上指導してきた。青山学院大空手道部も同主席師範が昨年まで監督を務めた。TSKFオーストラリア高野道場の高野さんは「2016年に南アフリカで開かれるISKFワールド・カップに向けて、今回の大会で得たものをさらなる躍進につなげていきたい」と話している。

■1st TSKF Australasian National Championships
日時:3月13日(金)、14日(土)有段者大会=決勝戦は14日12:30PM〜
会場:Runaway Bay Indoor Stadium(Sports Dr., Runaway Bay QLD)
入場料:無料
問い合わせTel: 0432-956-644(高野さん)
Email: kokitakano@hotmail.com
Web: takanodojo.com


日本人シニア交流イベント、MCCGCで3月から開催

非英語圏出身者の定住支援などを目的に活動している非営利団体「マルチカルチュラル・コミュニティーズ・カウンシル・ゴールドコースト」(MCCGC)は現在、ゴールドコーストに住む邦人の主にシニア同士の交流を目的とした「日本クラブ」を定期的に開いている。今年は3月から12月まで月1回、料理や踊り、ピクニックなどさまざまなイベントを予定している。次回3月23日のテーマは「オージー・ワイルドお料理デモンストレーション」。問い合わせは下記まで。

■MCCGC日本クラブ
日時:3月23日10AM〜2PM
会場:MCCGC(1 Dominions Rd., Ashmore)
参加費:一般20ドル、会員12ドル、送迎8ドル(会員)
問い合わせ・申し込みTel: (07)5527-8011(ヨシコさんまたはデリアさんまで日本語で)


ボランティア募集中
3月のジャパン・アンド・フレンズ・デイ

ゴールドコースト(GC)日本人会は、3月22日にGCのマーメイド・ウォーターズで開催される日本文化紹介のイベント「ジャパン・アンド・フレンズ・デイ」の実務を手伝う実行委員ボランティアを募集中。参加資格は特に問わない。
 当日は、太鼓や日本舞踊、よさこいなど日本の文化や芸能を披露し、日本料理などの屋台が出店する。なお、屋台などの出店申し込みの受付は既に締め切っている。問い合わせ・応募は下記まで。

■ジャパン・アンド・フレンズ・デイ
日時:2015年3月22日(日)
会場:Mermaid Waters – Albert Waterways Community Centre(Cnr. Hooker and Sunshine Blvd., Broadbeach Waters)

■イベントに関する問い合わせ・実行委員ボランティア応募先
Tel: (07)5531-6661
Email: info@jsgc.org.au(担当:南保会長)


女性起業家の講演会、ブリスベンで5月開催

オーストラリアの女性起業家団体「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ウィメン」は5月16日、ブリスベン市内のクイーンズランド工科大(QUT)で年次会議「ラン・ザ・ワールド」を開催する。ライフスタイル雑誌「コレクティブ」を発行するゴールドコースト拠点の出版社「レネゲード・コレクティブ」の創業者で編集長のリサ・メッセンジャー氏、ファッション・ウェブサイト「ショープロ」の創業者ジェーン・ルー氏など、オーストラリアで活躍中のビジネス・ウーマン10人が講演する。聴講希望者は下記サイトのリンク先から予約する。

■Run the World, female entrepreneurs conference
日時:5月16日(土)8AM〜5PM
会場:QUT, Gardens Theatre, 2 George St., Brisbane
会費:275ドル(4月13日までに予約)、315ドル(5月14日締め切り)、学生とリーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ウィメン会員は割引あり
Web: www.runtheworld.com.au


ミルトンのフェリー乗り場、リニューアル・オープン

ブリスベン市内ミルトンのフェリー乗り場の改装工事がこのほど終了し、1月18日に運用を再開した。

ブリスベン市は、2隻が同時に停泊できる新しい波止場を建設し、利用者の利便性と運送能力を向上させたとしている。フェリーが運行するブリスベン川の洪水にも耐える頑丈な構造だという。

総額1億ドルをかけて市内11カ所のフェリー乗り場で行われている新築・改築事業の一環。ブリスベン市のグラハム・クァーク市長は声明で「新しいフェリー乗り場が完成したことで、ミルトン住民の市内中心部へのアクセスが良くなるだけではなく、パーク・ロードのレストラン街やフリュー・パークの新しい娯楽施設やテニス場、サンコープ・スタジアムなどを結ぶ便利な公共交通機関となった」と強調した。


自称「イスラム国」日本人殺害で注意喚起−外務省

日本の外務省は2月1日、「イスラム国」を名乗る過激派組織が日本人2人を相次いで殺害したとする映像をインターネットに配信したことについて、海外在住の邦人に注意を喚起する声明を発表した。声明は「日本人、日本企業、および、日本人学校などの我が国の関係機関や組織がテロを含むさまざまな事件に巻き込まれる危険があります」とした上で、「各地域の特徴を踏まえ、外務省が発出する渡航情報等および報道等により最新の治安・テロ情勢などの関連情報の入手に努め、日頃から危機管理意識を持つとともに、状況に応じて適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください」と呼びかけている。

■外務省 海外安全ホームページ
Web: www.anzen.mofa.go.jp
Web: m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)


訂正
 本紙2月号7ページ特集欄に掲載した「主催者インタビュー:復興への希望に向けて、真に求められるデザインと芸術を追及」の記事中に誤りがありましたので、訂正します。

本文17行目
誤:教壇に立つクイーンズランド大学では → 正:クイーンズランド大学では

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る