2015年6月 ニュース/コミュニティー


ブリスベン留学生親善大使に任命された藤平春加さんとグラハム・クァーク・ブリスベン市長

ブリスベンの魅力、世界に発信

藤平春加さん、留学生親善大使に任命

ブリスベンに留学中の千葉県市川市出身の藤平春加さんがこのほど、今年のブリスベン留学生親善大使(ブリスベン・インターナショナル・スチューデント・アンバサダー)の1人に選ばれた。ブリスベンで行われた非営利法人「スタディー・ブリスベン」の歓迎行事で、藤平さんら各国・地域の親善大使26人が同市のグラハム・クァーク市長に任命された。親善大使は今後1年間、ブリスベンの魅力や留学体験についてソーシャル・メディアなどで世界に発信する。

藤平さんは現在、グリフィス大マーケティング学修士課程に在学している。10年前に半年間、語学留学でブリスベンを初めて訪れて以来、都市と自然が共存した街の魅力にひかれ「第2の故郷」になったという。

ブリスベンの魅力について藤平さんは「英語の上達には色々な国籍の中に混ざるのがとても重要ですし、違う文化の“視点を多く持つこと”は将来の様々な場面で本当に役立ってきます。まだ日本での知名度もそこまで高くなく多国籍、自然、都市の3つの要素を持つブリスベンはそういった意味で留学にはとても適している場所だと思います」と話した。

ブリスベンは、大都市の躍動感と豊かな自然環境を兼ね備え、温暖な気候や多国籍な文化に恵まれた文京都市としての魅力を海外の学生にPRしている。現在、年間約7万5,000人の外国人留学生を受け入れている。留学生親善大使制度は2009年に始まり、ブリスベン市の誘致促進機関「ブリスベン・マーケティング」の下で、スタディー・ブリスベンのプログラムの一環として実施されている。



さくら学園の子どもたち

さくら学園、入学説明会開催
太鼓の演奏などイベントも

日本文化と日本語を教えているゴールドコースト(GC)のさくら学園は6月20日、入学説明会「オープン・デイ」を開催する。希望者は無料でクラスを参観したり、授業に参加したりできるほか、入学説明会、学園見学ツアーを実施する。警察の展示、ブリスベンの太鼓チーム「トコトン太鼓」による演奏やワークショップなどのイベントも開く。在校生らとともにおやつや弁当を食べる機会も設ける。飲み物は販売するが、食事は参加者が持参する。

同学園はGC日本人会が運営母体となり、4学期制で土曜日の午前9時〜正午、GC南部にあるロビーナ州立高校の校舎で授業を行っている。現在、「プレップ」(入学前学年)から「イヤー12」(12年生)までの児童・生徒が在籍している。日本語の読み書き・会話のクラスをレベル別に開講しつつ、専門講師による日本文化の授業も行っている。幼児向けのプレイ・グループもある。

同学園は「日本語学習、文化体験、2カ国語での子育て方法など、地元の皆様のお役に立てるようイベントを積極的に設けていきます。ぜひ、1人でも多くの皆様にお越しいただければ幸いです」と話している。

■さくら学園オープン・デイ
日時:6月20日9AM〜1PM
会場:Robina State High School(Investigator Dr., Robina QLD)
料金:無料(おやつ、弁当は各自で持参。飲み物の販売あり)
問い合わせ:さくら学園事務局Tel: (07)5531-6661
Email: sakuragakuen@jsgc.org.au
Web: www.jsgc.org.au/sakuragakuen


さくら学園、ボランティア教員募集中

さくら学園は現在、ボランティアのサポート教員を募集している。日本の文化や言葉を子どもに教えている先生を補助する仕事で、英語力のレベルは特に問わない。ボランティア終了時には感謝状を発行する。希望者は、オーストラリアでの就職活動にあたって、履歴書に同学園校長の名前と電話番号を載せることもできる。学園の教員に欠員が出た場合、採用の機会もあるという。問い合わせ・申し込みは、下記のさくら学園事務局まで。

■さくら学園ボランティア教員募集
さくら学園事務局Tel: (07)5531-6661
Email: sakuragakuen@jsgc.org.au


漢字検定試験、GCで実施

日本漢字能力検定協会の漢字検定試験(2〜10級)が6月21日、ゴールドコースト(GC)南部にあるロビーナ州立高校で行われる予定だ。一定の受験者が集まらなければ実施は見送られる。漢字検定は、日本の社会で通用する漢字能力を身に付けるために行われており、合格者には「合格証書」と「合格証明書」が発行される。詳細は下記まで問い合わせを。

■漢字検定試験(予定)
日時:6月21日10AM〜
会場:Robina State High School(Investigator Dr., Robina QLD)
料金:受験する級によって異なる
問い合わせ:ゴールドコースト日本人会Tel: (07)5531-6661
Email: info@jsgc.org.au


通訳ボランティア募集中―GCマラソン

7月4〜5日に開かれるゴールドコースト・マラソンでは現在、日本語と英語の両方を日常会話レベル以上に操れるボランティアの通訳者を募集している。特に、日本語、英語に加えて、中国語(北京語)の3カ国語ができる人を歓迎している。応募の締め切りは5月29日に延長。選考は電話面接で行う。採用者にはユニフォーム、昼食、夕食などを提供。応募基準は以下のとおり。希望者は下記までメールで応募を。

■GCマラソン・ボランティア通訳者募集要項
・7月2〜5日に、3シフト(1シフト5時間程度)以上参加できる人
・7月1日の現地トレーニングに参加できる人
・日本語と英語の両方で日常会話以上の語学レベルがあり、相互に通訳ができる人
・6月30日時点で18歳以上である人
・健康で笑顔にあふれた親切な人

■問い合わせ:申し込み
担当:アイリン・ニコルソンさん
Email: irene@goldcoastevents.com.au


犬・猫にマイクロチップを―ブリスベン市

ブリスベン市は5月23〜24日、市内にある2カ所の公園で、ペットの犬と猫の体内にマイクロチップを低料金で埋め込むサービスを実施する。迷子になったりケガをしたりしたペットが無事、飼い主の元に戻れるよう、同市はマイクロチップの装着を呼びかけている。同市が昨年保護した犬・猫のうち、約3,000匹がマイクロチップを付けていなかったため、飼い主を見つけられなかったという。

料金は1匹当たり30ドル。先着100人には20ドルで提供する。犬は鎖につなげ、猫は持ち運び用のカゴに入れる必要がある。資格を持つ専門家が施術し、ペットの全国登録(ナショナル・ペット・レジスター)とIDタグの装着も行う。なお、法令で生後12カ月以下のペットにマイクロチップを装着することはできない。サービスを実施する日時と会場は次の通り。

■2015 Discounted pet microchipping events
●日時5月23日(土)1:30PM〜4:30PM
会場:Phillip Place Park, College Avenue, Forest Lake
●日時:5月24日(日)1:30PM〜4:30PM
会場:Decker Park, 25th Avenue, Brighton
問い合わせTel: (07)3403-8888(Brisbane City Council)


日本語補習授業校GC校が見学会

クイーンズランド日本語補習授業校ゴールドコースト(GC)校は6月6日、学校見学会「オープン・デー」を開く。午前8時50分の学校朝礼の参観に始まり、9時10分〜50分に授業(幼稚部〜中学3年)を参観した後、10時から茶話会を行って懇談の機会を設ける。参加は自由。質問などは下記まで連絡を。

同校は日本政府の認可を受け、GC日本人会が運営母体となって毎週土曜日(年間40週)、GCのメリマックにあるオール・セインツ・アングリカン・スクールの校舎を借りて国語と算数・数学の授業を行っている。5月時点で児童・生徒157人が在籍している。

■日本語補習授業校GC校
日時:6月6日午前8時50分〜11時ごろ
場所:All Saints Anglican School
問い合わせTel: (07)5531-6661
Email: jlssqnishida@live.com.au
Web: www.jsgc.org.au/qld-japanese-school-gc

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る