ソーシャル・シーン(~2016年12月)

ソーシャル・シーン

本紙編集部では、コミュニティーのパーティーや催し、スポーツ大会などの模様を撮影した写真を募集しています。応募される方は、そのイベントの正式名称、日時、場所、写真に写っている人の名前(漢字またはカタカナのフルネーム)、開催の趣旨、当日の様子などの詳しい情報を写真に添えて日豪プレス編集部まで郵送してください。デジタル・カメラで撮った画像をEメールでお送りいただく場合は、画像を添付してnichigopress@gmail.comまでお送りください。採用された方にはこちらからご連絡いたします。

※写真キャプションのお名前は、特に記述がないものはすべて左端から

DEC

天皇誕生日祝賀レセプション
2016年12月6日 在シドニー日本国総領事公邸

天皇誕生日(12月23日)を祝う年末恒例の祝賀レセプションがシドニー東郊ローズ・ベイの在シドニー日本国総領事公邸で開かれた。日系コミュニティーや進出日系企業の代表者、文化人、日本と関係の深い地元政財界の要人ら多数が参加した。
 式典では日豪両国の国家斉唱に続き、竹若敬三・在シドニー日本国総領事らがあいさつ。その後、約230人の出席者は和太鼓演奏の音色や、日本の高速鉄道を紹介するブース、日本酒や握りずしなどの日本食を楽しんだ。(投稿=本紙)

左からダニー・ケイさん(シドニー工科大学)、アダム・リャオさん(セレブリティー・シェフ、弁護士)、レイ・エリノンさん(スマッシュ)、アンドリュー・キューさん(スマッシュ)
左からダニー・ケイさん(シドニー工科大学)、アダム・リャオさん(セレブリティー・シェフ、弁護士)、レイ・エリノンさん(スマッシュ)、アンドリュー・キューさん(スマッシュ)
左から森信敏さん(ジュンパシフィック・コーポレーション)、舟山精二郎さん(ジュンパシフィック・コーポレーション)、保坂大二郎さん(白瀧酒造)、梅田博司さん(ジュンパシフィック・コーポレーション)
左から森信敏さん(ジュンパシフィック・コーポレーション)、舟山精二郎さん(ジュンパシフィック・コーポレーション)、保坂大二郎さん(白瀧酒造)、梅田博司さん(ジュンパシフィック・コーポレーション)
卯滝勝さん(豪州三井物産)、フィリップ・ミッチェルさん(NSW豪日協会会長、トレスコックス法律事務所)、林さゆりさん(グローバル・プロモーションズ・オーストラリア)
卯滝勝さん(豪州三井物産)、フィリップ・ミッチェルさん(NSW豪日協会会長、トレスコックス法律事務所)、林さゆりさん(グローバル・プロモーションズ・オーストラリア)
ジャスティン・マクドネルさん(JETAA)、ロウィーナ・ウォードさん(ウロンゴン大学)、デービッド・ボイドさん(シドニー大学)、グウェネス・オーシーさん(AMP)、飯島浩樹さん(TBS)
ジャスティン・マクドネルさん(JETAA)、ロウィーナ・ウォードさん(ウロンゴン大学)、デービッド・ボイドさん(シドニー大学)、グウェネス・オーシーさん(AMP)、飯島浩樹さん(TBS)
君が代を斉唱する豪州海軍音楽隊の皆さん
君が代を斉唱する豪州海軍音楽隊の皆さん
力強い演奏を披露した「和太鼓りんどう」の皆さん
力強い演奏を披露した「和太鼓りんどう」の皆さん

DEC

福岡県人会、BBQ大会を開催
12月10日 チャッツウッド「ビューチャンプ・パーク」

福岡県人会の皆さん
福岡県人会の皆さん

12月10日、福岡県人会はチャッツウッド近郊の公園で恒例のBBQ大会を開催しました。当日はリバプールから参加されたご家族を含めて、総勢28人のにぎやかな集いとなりました。初めてお会いする方や久しぶりにお会いする方も、おいしいBBQを頬張りながら、同郷の話題やシドニーでのお仕事、プライベートの話題などで話に花が咲きました。
 余興として紙飛行機を作り飛ばすゲームなども行われ、その商品がシドニーでは入手困難な福岡県の袋麺やお菓子などということもあって大いに盛り上がりました。福岡県人会は3カ月に1回程度の頻度で開催されており、次回は来年3月末に開催の予定です。ご興味のある方はお気軽に事務局の大庭(FukuokakenjinkaiSYD@gmail.com)までご連絡ください。(投稿=福岡県人会・坂本)

DEC

JCS日本語学校シティ校、開校後初の卒業式
2016年12月10日 ウルティモ・パブリック・スクール

JCS(シドニー日本クラブ)日本語学校シティ校は12月10日、NSW州立ウルティモ・パブリック・スクールで、1999年開校から初の卒業式を行いました。JCS日本語学校では12年生まで通学すると卒業となり、今年は2人が初の卒業生となりました。

参列していた教員、在校生、そして多くの保護者は、卒業生の言葉や思い出の写真のスライドに感動し涙を流していました。また、多くの在校生も12年生までJCS日本語学校に通学して卒業を迎えたいと思っているようでした。JSC水越会長からは在校生に向け「これからも卒業生が出るように、またシドニーで日本語を学ぶ生徒が増えるよう頑張りましょう」と励ましの言葉が贈られました。

シドニー日本祭りで「Passenger of Kirishima」の振り付けを担当した卒業生の山田陸君は「現地校よりも日本語学校が楽しくなっていた」と学校生活について話し、来年からは日本で新生活を送る予定です。もう1人の卒業生、大橋拓未君は「日本語学校に行きたくないと思った日は一度もなかった」と語ってくれました。

JCS日本語学校は12年生まで楽しく日本語を学ぶことができ、現在も多くの高校生が通学中です。3歳から12年生までの新・編入生も募集中しています。(投稿=梶原めぐみ)

卒業生2人と在校生の皆さん
卒業生2人と在校生の皆さん
卒業生の山田君と大橋君
卒業生の山田君と大橋君

DEC

名古屋会、忘年会兼送別会を開催
2016年12月4日 クロウズ・ネスト「魚や」

名古屋会の皆さん
名古屋会の皆さん

12月4日、名古屋会の忘年会と併せて当会会長を4年半務めた重石さん、当会レギュラー・メンバーの山下さんの送別会がクロウズ・ネストの魚やで開催されました。
 当日は月例コンペの発表、年間表彰、来年度新ハンディ・キャップの発表、重石会長と山下さんの当会での戦歴、新会長の定行さんの発表を行い盛会となりました。(投稿=飯田明宏)

NOV

ウィロビー市主催、クリスマス・パーティーが開催
2016年11月24日 チャッツウッド「The Concourse」

MOSAIC Japanese Social Groupの皆さん
MOSAIC Japanese Social Groupの皆さん

ウィロビー市主催のマルチ・カルチュラル・ソーシャル・グループのクリスマス・パーティーが一足早く開催され、MOSAIC Japanese Social Groupのメンバーを含め300人以上がパーティーに参加しました。最後には、ウィロビー市長のゲイルさんと記念撮影を行いました。
 また、チャッツウッドにあるウィロビー・カウンシル主催のMOSAICマルチ・カルチュラル教室では毎週水曜日に日本料理教室や太極拳教室を開催しています。興味のある方はぜひご参加ください。(投稿=アナキン千鶴子)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る