ソーシャル・シーン(~2018年2月)

ソーシャル・シーン

ソーシャル・シーン

本紙編集部では、コミュニティーのパーティーや催し、スポーツ大会などの模様を撮影した写真を募集しています。応募される方は、そのイベントの正式名称、日時、場所、写真に写っている人の名前(漢字またはカタカナのフル・ネーム)、開催の趣旨、当日の様子などの詳しい情報に写真を添えて日豪プレス編集部まで郵送してください。デジタル・カメラや携帯電話で撮った画像はEメールでnichigopress@gmail.comまでお送りください(1MB以上)。採用された方にはこちらからご連絡いたします。

※写真キャプションのお名前は、特に記述がないものはすべて左端から

JAN

BEST Inc の新年会
1月20日 シドニー「ランドウィック競馬場」

ドレスコードに合わせた装いでゴージャスな新年会
ドレスコードに合わせた装いでゴージャスな新年会

ビジネス・コミュニティーのBEST Inc(Business Establishment Strategy Team Inc)はどなたでも参加できるNPO法人です。1月20日(土)はランドウィック競馬場で新年会が行われました。ハイランド真理子さんによる「競馬教室」のお話があり、知っている人も初めての人も和やかで楽しい会となりました。22人が参加し、通常では入場できないメンバー専用のチェアマンズ・クラブに席をご用意頂きました。ドレスコードの規定があるため紳士淑女の社交の場に合わせておしゃれをし、落ち着いたすばらしい空間が広がるバーでドリンクやバーメニューを頂きながらの競馬観戦でした。各テーブルで歓喜やため息が聞こえる新年会となり、とても盛り上がりました! ジェネラル・マネージャーのジェムスさんからファシリティーの説明ツアーがあり、シドニーで最も古い200年の歴史あるランドウィック競馬場を堪能しました。ご興味ある方は参加くださいね(Email: bestinc0717@gmail.com)。お待ちしております。(投稿=清水利子)

JAN

青山学院大学校友会、新年会開催
1月24日 シドニーCBD「居酒屋ますや」

校友会参加の皆さん
校友会参加の皆さん

アリス・スプリングス在住の青山学院大学の校友・野島さんが日本への帰国旅行の帰りにシドニーに滞在することになり今年初となる校友会を開催しました。今回は多くの駐在員の方々の出張が相次ぎ、永住者の多い集まりとなりましたが、新たに若いメンバーも加わり、新年の箱根駅伝の話などで盛り上がりを見せました。校友会は青学関係者であれば(あるいは青学好きという方も可です。笑)どなたでも参加できます。興味がある人は幹事のMegumi(Email: megmmy110@gmail.com)までご連絡ください。(投稿=青山学院大学校友会シドニー支部)

FEB

豪州かりゆしエイサー隊
2月5日 Redfern Community Centre

エイサーを踊った豪州かりゆしエイサー隊
エイサーを踊った豪州かりゆしエイサー隊

2月5日、Redfern Community CentreでICANノーベル平和賞受賞記念、第96回ピースボート「おりづるプロジェクト」の核問題に関するフォーラムが開催されました。そこで、「豪州かりゆし会」のエイサー隊9人が沖縄の太鼓を持って踊る創作ダンス、エイサーを披露し、会場を盛り上げました。「豪州かりゆしエイサー隊」は、3月11日東日本大震災復興支援イベント(Crows Nest Centre、3:30PM~6:30PM)にも出演予定です。また同会では、「エイサー」のメンバーを随時募集中。沖縄出身以外、国籍や男女問わず大歓迎。お問い合わせは、担当者Masa、Tomoko(Email: goshukariyushi@gmail.com、フェイスブック: www.facebook.com/groups/rainbowkariyushiaustralia)まで。(投稿=金城安江)

FEB

中央大学シドニー白門会 新年会を開催
2月6日 セントレナーズ「La Saigon」

カジュアルで楽しい白門会の皆さん
カジュアルで楽しい白門会の皆さん

2月6日、セントレナーズの「La Saigon」で恒例の新年会を開催しました。中央大学シドニー白門会は小規模な会ではありますが、数カ月に1回程度の頻度で集まり、食事会だけではなくゴルフや釣りなどを通じて会の親睦をしています。さまざまなバックグラウンドの方が参加され、母校の話に始まり、時事ネタやプライベートまでいろいろなトピックを各自が自由気ままに発言するカジュアルで楽しい会となっています。少人数ながら大学対抗ゴルフ大会にも参加しており、上位に食い込むことを毎年の目標としておりますが、いまだ達成されておりません(笑)。興味がある方はお気軽に大庭(Email: masaohba@kpmg.com.au)までご連絡ください。(投稿=中央大学シドニー白門会・大庭)

FEB

JCS親睦の会、新年会開催
2月10日 チャッツウッド「ドガティー・コミュニティー・センター」

JCS親睦の会の新年会を楽しんだ会員の皆さん
JCS親睦の会の新年会を楽しんだ会員の皆さん
左から八重樫好則総領事代理、林さゆりJCS親睦の会会長、末永正彦商工会議所会頭、水越有史郎JCS会長
左から八重樫好則総領事代理、林さゆりJCS親睦の会会長、末永正彦商工会議所会頭、水越有史郎JCS会長

シドニー日本クラブ(JCS)親睦の会は2月10日、新春を祝う恒例の新年会を開催した。同会の会員ら約50人が参加した。林さゆり親睦の会会長による開会の辞に続き、日本とオーストラリアの国歌斉唱後、来賓の在シドニー日本国総領事代理八重樫好則領事と商工会議所会頭の末永正彦氏が祝辞を述べた。JCS会長の水越有史郎氏の音頭で乾杯した後、ラッキーマートを経営する会社の特注おせち御膳を頂きながら日本を懐かしんだ。新春初笑いとして輪投げや干支ゲームを楽しみ、声をそろえてお正月の曲を歌ったほか、豪華賞品が当たる抽選なども盛り上がった。(文=本紙)

FEB

Summer Down Under、日本選手を応援
1月25、26日 シドニーCBD

レース前日の歓迎会に参加した皆さん
レース前日の歓迎会に参加した皆さん

Summer Down Under日本選手応援チームは、オーストラリア・デーに開催された大迫力の車いすロード・レース「GIO Oz Day 10km」を日本人コミュニティーで盛り上げようと、今年初めて有志によるチームを結成し、歓迎会と応援サポートを行いました。世界トップ・レベルの車いすレース日本人プロ・アスリート7人とシドニーのサポーター10人が親睦を深め、車いすレースの面白さ、プロ・アスリート契約に至った秘話、パラリンピックに向けた車いすアクセスの発展や雇用状況の変化について意見交換も行いました。オーストラリア人に人気のある本大会で、5クラス中3クラスで、日本人選手が優勝しました。来年は更なる盛り上がりが期待されており、選手と日本応援チームが斬新性を備え、車いすロード・レースを盛り上げていきます。お問い合わせは、中塚(Email: nakatsuka.june@gmail.com、フェイスブック「日本選手応援チーム:Summer Down Under 2018>>2020」)まで。(投稿=Summer Down Under日本選手応援チーム・中塚)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る