3月13日 フリンジ・ベネフィット税セミナー

フリンジ・ベネフィット税セミナー

3月13日 アーンスト・アンド・ヤング・オフィス

大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングが、シドニー市内オフィスでフリンジ・ベネフィット税(FBT)をテーマに日系企業の担当者を対象としたセミナーを開催。FBTとは雇用主が従業員(またはその関係者)に提供した現金以外の給付および一定のベネフィットに対して支払わねばならない税金で、例えば自動車、駐車場、債務免除、遠隔地勤務手当て、交際費、レクリエーションによる接待などがそれにあたる。FBTの申告を5月に控えた時期の開催でもあり会場には多くの人が訪れた。セミナーでは同事務所のFBTスペシャリスト、ポール・エリス氏とハイディー・ディブリンキャット氏がプレゼンした内容をFBTおよび個人所得税サービス担当の浅井和弘が日本語で解説した。FBTの概要の説明をはじめ、遠隔地勤務手当て、自動車フリンジ・ベネフィットなどの主な改正点について日系企業の参加者に直接影響しそうな事項に焦点があてられた。

(文=本紙)

写真上:ハイディー・ディブリンキャットさん(アーンスト・アンド・ヤング)、加藤誉さん(オーストラリア日本通運)、ステファン・コバスさん(オーストラリア日本通運)、浅井和弘さん(アーンスト・アンド・ヤング

 

写真下:>ポール・アングさん(積水ハウス・オーストラリア)、ポール・エリスさん(アーンスト・アンド・ヤング)、安西冬樹さん(積水ハウス・オーストラリア)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る