【速報】小野のWSW、グランド・ファイナル制覇ならず

4月21日、サッカーAリーグファイナル・シリーズ、小野伸二所属のウエスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)対セントラル・コースト・マリナーズ(マリナーズ)によるグランド・ファイナル・マッチが行われた。今季Aリーグ最後の1戦はレギュラー・シーズン1位、2位チームの直接対決となり、会場は試合開始前から異様なまでの盛り上がりを見せていた。観客動員数は42,102人。

試合は両者ともにシュート・チャンスを何度も作る互いに譲らぬ展開となったが、前半半ばに入ると徐々にマリナーズにペースが傾く。ワンダラーズも幾度かチャンスは作るものの、試合巧者のマリナーズに思うようにプレーさせてもらえない。危うい流れを断ち切れぬまま迎えた前半終了間際の43分、コーナーから、ゴール前に上げられたボールにDFパトリック・ズワンズワイクがヘッドで合わせ0−1。マリナーズ勝ち越しのまま試合は後半へ突入した。

52分、前試合にレッド・カードを得て試合に出場できないMFヘルシに代わり右サイドに入るクビがドリブルからのグラウンダー、その後自身でエリア内に持ち込みシュートなど存在感をアピール、ヘルシの不在をクビが埋める形を見せながら48分には小野もシュートを放つなどWSWは後半に入り、勢いを取り戻したかに見えた。しかし67分、DFポレンツが相手にPKを与えてしまい、これを決められ0-2とされる。

その後、WSWは83分、86分と立て続けにゴール前でのフリーを得るがこれも生かせず、結局試合はそのまま終了。WSWのレギュラー・シーズン、ファイナル・シリーズ制覇はならなかった。
(取材:編集部)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る