LUCKY STRIKESがACを僅差でかわし単独首位浮上!

シドニー軟式野球リーグ通信

AC BLUE BALLSのメンバーの皆さん

日豪プレス杯 シドニー軟式野球リーグ通信

LUCKY STRIKESがACを僅差でかわし
単独首位浮上!

負けない試合を身上とする巧者LUCKYが、ここまで破竹の5連勝で単独首位を守っていたACの快進撃を食い止め、単独首位に立った。3位までが勝率6割台で並ぶ近年まれに見る激戦を繰り広げる同リーグから目が離せない。

 

■12月8日(日)第1試合ハイライトAC BLUE BALLS vs THE LUCKY STRIKES(10対0)

3イニングで5安打10得点とACの一方的な試合運びとなったこの試合、ACの攻撃陣では3安打4打点の堀内野手、守備陣では今回も安定したピッチングで2試合連続の完封勝利を上げた井戸投手の活躍が際立った。

 

■12月22日(日)第2試合ハイライトAC BLUE BALLS vs NEO SHOGUN (1対0)

3試合連続完封勝利の期待がかかる首位ACの井戸投手とNEOの水上投手との緊迫した投げ合いとなったこの試合は初回に1点を先制したACがリードしたまま最終回へ。NEOが2アウトながら3塁まで塁を進め、次打者のライト前へ落ちた打球であわや同点タイムリーと誰もが思った瞬間、ライト清水の好守備に阻まれ1塁アウト。そのまま逃げ切った。

 

■1月12日(日)第1試合ハイライトTHE LUCKY STRIKES vs NEO SHOGUN(5対0)

何とか開幕戦以来の勝利を上げたいと意気込むNEOだったが、LUCKY安嶋投手の巧みなピッチングに交わされ散発の零封負け。安嶋投手に今シーズン初の完封勝利を献上した。

 

■1月12日(日)第2試合ハイライトSYDNEY SHARKS vs AC BLUE BALLS(3対0)

リーグ初の快挙となるAC井戸投手の4試合連続完封勝利の期待のかかる1戦だったが、ここで昨年覇者のSHARKSが王者の意地を見せた。3回までパーフェクトに抑えられていたが、4回、先頭の1番帆山が内野安打で出塁、その後、数馬もセンター前に引返し、ノーアウト2、3塁のチャンスを作ると、4番奥田のセカンドゴロと悪送球の間に2者が生還、この回、一挙3点を上げ、そのまま逃げ切った。この敗戦で、ここまで単独首位を守ってきたACは2位に陥落した。

■順位(2014年1月12日現在)

順位  チーム 勝率 試合数 勝数 負数 引分数 得点 失点 得失点
1  THE LUCKY STRIKES 0.667 8 4 2 2 28 33 -5
2  AC BLUE BALLS 0.625 8 5 3 0 34 19 15
3  SYDNEY SHARKS 0.600 8 3 2 3 30 16 14
4  NEO SHOGUN 0.143 8 1 6 1 17 41 -24

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る