日豪プレス杯 第50回シドニー東西大学ゴルフ対抗戦

第50回 シドニー東西大学ゴルフ対抗戦

オーストラリア最大級の日本人ゴルフ交流イベント「シドニー東西大学ゴルフ対抗戦」の結果をリポート。楽しみながらプレーをして、大学チームの団体戦で盛り上がろう。

団体戦優勝校の早稲田大学の皆さん
団体戦優勝校の早稲田大学の皆さん
個人戦総合優勝の早稲田大学の篠塚さん(左)、女性ネット部門優勝のカスカートさん(右)
個人戦総合優勝の早稲田大学の篠塚さん(左)、女性ネット部門優勝のカスカートさん(右)

記念すべき「第50回シドニー東西大学ゴルフ対抗戦」が7月29日(日)にロング・リーフGC(パー71)で開催されました。

今大会には、16団体(関西学院大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、上智・南山連合、中央大学、東京大学、東北大学、名古屋外国語大学、一橋大学、明治大学、立教大学、連合海外、連合西、連合東、早稲田大学)から総勢76人が参加しました。

当日は、日の出と共に気温も上がり、晴天の中、7時13分より全19組がスタートしました。

同GCには難解なグリーンもありましたが、青々とした海を近くに臨み、程良い風を感じながらプレーすることができ、午後2時前には全組が無事にホール・アウトすることができました。

ゴルフ後の表彰式兼懇親会は、第50回記念大会ということで従来と趣向を変え、サーキュラ・キーにあるYAYOI Gardenで開催しました。ゴルフ参加者以外にも同窓生を含んだ86人が本格的な日本食を楽しみながら、懇親を深めました。また会では、参加賞として参加者全員に、伊藤忠商事様より寄贈の高級ツナ缶2ケース、そしてスリクソン様より寄贈の記念ボールと大会記念オリジナル・マーカーがプレゼントされました。

成績発表では今回、個人ネット・スコア1位と同組の人への「ナイス・アシスト賞」などが新設されました。注目の個人戦ネット部門優勝者は、ネット・スコア71.1の早稲田大学の篠塚さん、ベスト・グロス賞はグロス・スコア82で連合西のカスカートさんとなりました。

最も盛り上がる団体戦の順位発表では、うっかり2位の大学名を先に発表してしまうというサプライズもありましたが、早稲田大学が優勝し、2位に一橋大学、3位に慶應義塾大学が入賞を果たしました。

また、成績発表を締めくくる参加校の東軍対西軍による東西対抗戦は、東軍が勝利を収め、通算成績を14勝25敗としました。

成績発表を終えると、次回幹事である京都大学と明治大学より次回大会に関する概要(2018年9月30日(日)、カムデンGC)が発表され、盛会のうちに第50回大会は幕を閉じました。

シドニー東西大学ゴルフ対抗戦は参加校メンバーの懇親、ネットワークを深める絶好の機会を提供しています。今後ご参加を希望される大学、並びに個人の方がおられましたら下記の事務局までお問い合わせください。(報告者=第50回幹事:柳井祐実/慶應義塾大学)

連絡先:sydney-golf-taikou@googlegroups.com
事務局:委員長・鈴木雄人、副委員長・酒井恵麻、情報局長・大川信昭、事務局長・伊藤陽彦

<団体戦総合>

順位 団体名 最終ネット平均
優勝 早稲田大学 74.67(HCP1.02)
2位 一橋大学 75.41
3位 慶應義塾大学 76.16
4位 神戸大学 76.22
5位 東北大学 76.56
6位 連合東 76.64(HCP1.01)
7位 連合西 76.72
8位 上智・南山連合 76.76
9位 連合海外 76.91
10位 名古屋外国語大学 77.98
11位 立教大学 78.09
12位 明治大学 78.17
13位 関西学院大学 78.44(HCP1.03)
14位 東京大学 78.91
15位 中央大学 79.59
16位 京都大学 81.56

<個人戦総合>

順位 氏名(敬称略)/団体名 グロス ネット
優勝 篠塚孝高/早稲田大学 110 71.1
2位 カスカート幸子/連合西 82 71.9
3位 林由紀夫/連合海外 92 72.3
ベスグロ カスカート幸子/連合西 82 -

<女性ネット順位>

順位 氏名(敬称略)/団体名 グロス ネット
優勝 カスカート幸子/連合西 82 71.91
2位 北井優子/早稲田大学 93 73.33
3位 山本純子/上智・南山連合 95 74.13

<過去5大会の優勝校>

第45回(2017年1月) 関西学院大学
第46回(2017年4月) 早稲田大学
第47回(2017年7月) 明治大学
第48回(2017年10月) 連合西
第49回(2018年4月) 関西学院大学

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る