豪州ラグビー通信「スーパー・ラグビー2016、NZ勢が好調」


豪州ラグビー通信

文=YASU

スーパー・ラグビー2016、NZ勢が好調

サンウルブスが初勝利!

今シーズンより18チームに拡大したスーパー・ラグビー。プレーオフ出場の条件も以前と異なりますので簡単に説明しましょう。

まず昨年まで、オーストラリア(豪)、ニュージーランド(NZ)、南アフリカ(南ア)(各5チーム)の3つのカンファレンスがありましたが、今年から参入した3チーム(キングス、サンウルブス、ジャガーズ)がいずれも南ア・カンファレンスに加入。計8チームとなった南ア・カンファレンスは、4チームずつの「アフリカ1」、「アフリカ2」の2つのカンファレンスになりました。これでカンファレンスは合計4つとなり、レギュラー・シーズン終了時のポイント(勝ち点)で、各カンファレンスの1位がプレーオフ進出となります。

また、ワイルド・カードとして、豪、NZ各カンファレンスの1位以外のうち、ポイント上位の3チームと、アフリカの2つのカンファレンスの2位チームの勝ち点が多い方がプレーオフ進出となり、合計8チームでプレーオフが行われることになりました。第9節(4月24日)終了時点では、総合順位の首位にはチーフス、そしてワイルド・カード圏内にクルセイダース、ハリケーンズ、ハイランダーズといったNZ勢の4チームが入っており、豪州勢としては後半戦で巻き返したいところ。

昨年のW杯メンバー、機動力抜群の21歳、レベルズのショーン・マクマーン(FL)
昨年のW杯メンバー、機動力抜群の21歳、レベルズのショーン・マクマーン(FL)

その豪州勢では創設6年目のレベルズが首位、初のプレーオフ進出に勢いを増しています。また南ア勢ではストーマーズとライオンズが各カンファレンス首位となっており、ライオンズもまた初のプレーオフ進出に向け順調に前半戦を戦い抜きました。そして、日本のサンウルブス。第8節ではチーターズに17-92という記録的大敗を喫しましたが、4月23日(土)、秩父宮ラグビー場(東京)で行われたジャガーズ戦でついに初勝利(36-28)を挙げ新たな歴史を刻みました。レギュラー・シーズン最終節(第17節)は7月17日(日)。その翌週から3週にわたりプレーオフが行われ、8月6日(土)に今年の王者が決まります。

Sunday Footy!
毎週日曜日(12PM~2PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加ください!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る