豪州ラグビー通信「ワラビーズ、オール・ブラックスを止められず」


豪州ラグビー通信

文=YASU

ワラビーズ、オール・ブラックスを止められず。NRCは・・・・・・?

オール・ブラックスは連勝記録を更新

10月22日(土)、ブレディスロー・カップ第3戦がオークランド(NZ)で行われました。第2戦までに既に同タイトルの14年連続の防衛を決めていたNZ代表“オール・ブラックス”は、豪州代表“ワラビーズ”を37-10で下し、テスト・マッチ連勝の新記録となる18勝目を挙げました。オール・ブラックスは、2014年にも当時の連勝記録に並ぶ17連勝を達成しましたが、その時、記録更新を阻んだのはワラビーズでした。今回も、試合中盤まではワラビーズにその可能性を思わせる展開となりましたが、終盤にオール・ブラックスが連続トライで一気に勝負を決めました。試合会場となった「イーデン・パーク」(オークランド)では、オール・ブラックスは1994年のフランス代表戦での敗戦を最後にそれ以降は無敗。この連勝記録も更に伸びていくことでしょう。

NRC2016、パース・スピリットが初優勝!

パース・スピリット初優勝の立役者の1人、ベン・タプアイ(CTB)
パース・スピリット初優勝の立役者の1人、ベン・タプアイ(CTB)

今年で3年目を迎えた豪州国内選手権(NRC)は、ブレディスロー・カップ第3戦と同じ日、シドニーから北へ約400キロの町、タムワースで決勝戦が行われました。その試合はNSWカントリー・イーグルスとパース・スピリットの対戦。いずれも勝てば初優勝となる一戦。レギュラー・シーズンを1位で終え、順当に準決勝を勝ち上がったNSWカントリーですが、この日、序盤より試合の主導権を握ったのはパースでした。パースは前半30分、34分と立て続けにトライを奪い、その後NSWカントリーに1トライを返されるも、更にトライを追加、終始リードを保ちます。何とか逆転したいNSWカントリーは試合残り時間わずかのところでトライ、ゴールも決まり4点差に詰め寄ると、最後の望みをかけ猛攻を続けます。しかし、パースが粘り強いディフェンスで、そのままノーサイド。パースは、初年度(2014年)の決勝進出以来、2度目の挑戦で見事王者に輝きました。

クラブ・ラグビーとスーパー・ラグビーの間に位置するこのコンペティション。来シーズンはフィジーから1チームが加わることが決まっており、豪州代表の強化にもつながるものと今後の発展に期待がかかります。

Sunday Footy!
毎週日曜日(12PM~2PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加ください!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る