豪州ラグビー通信「スーパー・ラグビー2017」


豪州ラグビー通信

文=YASU

スーパー・ラグビー2017

オーストラリア勢は引き続き大苦戦

4月16日までに第8節が終わりました。第7節ではいずれも今季無敗のストーマーズ(南アフリカ)とチーフス(ニュージーランド)の直接対決があり、ホームのストーマーズが勝利。しかし、第8節ではストーマーズが昨年準優勝のライオンズ(南アフリカ)に敗れ今季初黒星を喫したことから、開幕より全勝はクルセイダーズ(ニュージーランド)のみとなりました。そのクルセイダース、第8節では日本のサンウルブスと対戦。前節でブルス(南アフリカ)に勝ち今季初勝利を挙げ勢いに乗るサンウルブスでしたが、スーパー・ラグビー最多優勝を誇るクルセイダースの前にはなすすべなし。クルセイダースはサンウルブスをノー・トライに抑え50-3で完勝しました。気になるオーストラリア勢は、豪カンファレンス首位のブランビーズでも3勝4敗と負け越している状況。また、オーストラリア勢の勝ち星のほとんどが、オーストラリア勢同士の対戦からのものであり、他カンファレンスとの対戦には劣勢を強いられています。レギュラー・シーズンは全17節、後半戦の奮起に期待です。

来季、オーストラリアより1チームが除外!

オーストラリア代表でも活躍のデイン・ハイレットペティ。もしフォースが除外となればその移籍先が気になる
オーストラリア代表でも活躍のデイン・ハイレットペティ。もしフォースが除外となればその移籍先が気になる

2018年のスーパー・ラグビーの新フォーマットが決まり、現在の18チームから15チームに削減されることとなりました。全てのチームが優勝経験のあるニュージーランドからは、全5チームが継続参戦。また、昨年より新規参入した日本を本拠地とするサンウルブス、そしてアルゼンチンのジャガーズも存続となり、現在6チームを有する南アフリカから2チーム、そしてオーストラリアから1チームが除外されることとなりました。オーストラリアでは現在のところ、パースをフランチャイズとするウェスタン・フォース、もしくはメルボルンのレベルズが除外候補となっており、最終の決定が気になります。いずれのチームも複数のオーストラリア代表選手並びに今後の活躍も期待される有力選手もいることから、その選手たちの移籍先なども気になるところです。

Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る