豪州ラグビー通信「ラグビー・チャンピオンシップ2017開幕!」


豪州ラグビー通信

文=YASU

ラグビー・チャンピオンシップ2017開幕!

ワラビーズはオール・ブラックスに完敗

今年もオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、アルゼンチンの4カ国による「ラグビー・チャンピオンシップ」が開幕しました。その初戦は8月19日(土)、シドニー・オリンピック・パーク(ANZスタジアム)で行われ、オーストラリア代表「ワラビーズ」とニュージーランド代表「オール・ブラックス」が戦いました。

ワラビーズに復帰したカートリー・ビール(CTB)。試合には敗れたが、期待に応えるパフォーマンスを見せた
ワラビーズに復帰したカートリー・ビール(CTB)。試合には敗れたが、期待に応えるパフォーマンスを見せた

試合はワラビーズがPGで先制しましたが、オール・ブラックスがFW、BKが一体となった連続攻撃で逆転のトライを奪うと、その後も力強い走りと巧みなハンドリングでボールをつなぎ、得点を重ねました。ディフェンスにもろさを見せ、またアタックにも決め手を欠いたワラビーズ、スコアは前半終了時点で6-40という大差に。後半に意地を見せ4トライを奪い返しましたが最終スコアは34-54と完敗の結果となりました。ワラビーズにとっては厳しい開幕戦となりましたが、世界ランク1位、ワールド・カップ連覇中の王者であるオール・ブラックスとの対戦は、世界中のラグビー・ファン必見の好カード。次節にも注目が集まります。

スーパー・ラグビー2017はクルセイダーズが優勝!

プレー・オフはレギュラー・シーズン上位2チームが順当に勝ち上がり、ライオンズ(南アフリカ)とクルセイダーズ(ニュージーランド)が決勝で激突しました。

ライオンズはホームの6万人の観衆の下、悲願の初優勝に万全の体制でしたが、試合はスーパー・ラグビー最多優勝を誇るクルセイダーズが序盤より得点を重ね主導権を握りました。追いかける展開となったライオンズには、危険なプレーによるレッド・カードで1人が退場するなど試練が続きます。数的不利となったライオンズでしたが後半に反撃。2トライを奪い追い上げムードとなりましたが、クルセイダーズが何とか逃げ切り、25-17で9年ぶり8度目の優勝を飾りました。

今シーズン、不振に終わったオーストラリア勢は、来シーズンの奮起に期待です!

Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る