豪州ラグビー通信「ワラビーズがオール・ブラックスに勝利」


豪州ラグビー通信

文=YASU

ワラビーズがオール・ブラックスに勝利

ブレディスロー・カップ第3戦で歓喜!

オーストラリア代表“ワラビーズ”は、ラグビー・チャンピオンシップ終盤の2戦をアウェーで行い、南アフリカに引き分け、そしてアルゼンチンに快勝し、最終順位を2位で終えました。

昨年より、初代表となる選手にも多く機会を与えてきたマイケル・チェイカHCの采配も徐々に安定し、チームとしての統制が取れてきたワラビーズは、世界ランキングも3位に浮上。良い状態でブレディスロー・カップ第3戦(10月21日)を迎えることとなりました。ニュージーランド代表“オール・ブラックス”が既に2勝し、15年連続となる同カップの防衛を決めていましたが、世界屈指の好カードに変わりはなく、雨が降りウェット・コンディションとなった試合会場のサンコープ・スタジアム(ブリスベン)に世界中のラグビー・ファンが注目しました。

ワークレートの高いワラビーズのアダム・コールマン(LO)。中心選手として更なる活躍が期待される
ワークレートの高いワラビーズのアダム・コールマン(LO)。中心選手として更なる活躍が期待される

試合は一進一退の攻防で、前半は12-13、オール・ブラックスのリードで折り返します。後半はワラビーズがトライで逆転に成功すると、PGも追加。それに対し、オール・ブラックスもトライを奪い返し、20-18で終盤を迎えました。そして残り3分となったところで、オール・ブラックスに反則。ワラビーズがPGのチャンスを得ると、ロング・キックを得意とするリース・ホッジ(WTB)が55メートルの距離を見事に決め23-18と突き放します。そして残りわずかの時間でオール・ブラックスが渾身の攻撃を仕掛けますが、ワラビーズが耐え抜き、7連敗中であったライバルから2015年以来の歓喜の瞬間を迎えました。

ワラビーズは、10月28日(土)にシドニーでバーバリアンズと対戦した後、11月のスプリング・ツアーに突入します。イギリスでウェールズ、イングランド、スコットランドと対戦しますが、ツアー初戦の相手は日本代表。最高の状態となっているワラビーズと日本代表が11月4日(土)に日産スタジアム(横浜)でどのようなゲームをするのか、必見です!

Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る