豪州ラグビー通信「ワールドラグビー・セブンズ・シリーズ シドニー大会2018」

豪州ラグビー通信

文=YASU

ワールドラグビー・セブンズ・シリーズ
シドニー大会2018

シドニー・セブンズ、オーストラリアが男女共に優勝!

オーストラリア男子、2012年東京大会以来の栄冠!
オーストラリア男子、2012年東京大会以来の栄冠!
オーストラリア女子は、今季ドバイ大会に続き、開幕2連勝!
オーストラリア女子は、今季ドバイ大会に続き、開幕2連勝!

ワールドラグビー・セブンズ・シリーズ、シドニー大会が1月26日(金)~28日(日)、アリアンツ・スタジアム(ムーア・パーク)で開催されました。男子は今シリーズの第3ラウンド、そして女子は第2ラウンドの大会として行われました。

まず女子は、ロシア、スペインなど中堅チームの健闘が目立ちましたが、圧倒的な強さを見せたのはニュージーランドとオーストラリア。どの試合でも格の違いを見せつけ、順当に勝ち上がった両チームは決勝で激突することに。

そして、注目の大一番では、リオ五輪金メダルのオーストラリアがキック・オフより相手を圧倒。終始、主導権を握り、31-0という予想を上回る大差で快勝しました。オーストラリアは第1ラウンドのドバイ大会に続く連勝。また今回は予選プールより全ての試合を無失点での完全優勝で、大会に新たな記録を打ち立てました。

そして、強豪ひしめく男子は、昨年のシリーズ総合チャンピオンの南アフリカが、安定した力で決勝に進出。ホームで熱の入るオーストラリアは、予選プールを1位通過、準々決勝では宿敵ニュージーランドを撃破し勢いに乗り、決勝に勝ち上がりました。

その決勝戦、キック・オフより一進一退の攻防がしばらく続き観る者の緊張感も途切れない試合展開に。前半終盤にオーストラリアがトライを挙げると、ハーフ・タイムの間際にも追加点、14-0で折り返しました。

後半は激しいディフェンスで南アフリカを圧倒。鋭く粘り強いタックルで相手に隙を与えず、わずかなチャンスを一気に得点に結びつけたオーストラリアが29-0の完勝で歓喜のノー・サイドとなりました。オーストラリアは2012年の東京大会以来の栄冠。女子とのアベック優勝で、オーストラリア・デー(建国記念日)の3連休に花を添えました。

サクラセブンス、今季初勝利はイングランドから金星!

サクラセブンズの頼もしいキャプテン・中村知春選手
サクラセブンズの頼もしいキャプテン・中村知春選手

今季、コア・チームとしてこのシリーズに参戦している、7人制ラグビー女子日本代表「サクラセブンズ」。勝ち星のないまま第2ラウンドを迎えましたが、予選プールで、ニュージーランド、アメリカには完敗。しかし、強豪イングランドに17-10で競り勝ち、今季初勝利を挙げました。

パプアニューギニア戦で2勝目を挙げ今大会は11位で終えましたが、リオ五輪に出場したベテラン選手に加え、高校生も含めた10代の選手たちも躍動して金星を獲得。このシドニーでの経験が今季残りの3ラウンド、そして先の東京五輪にもつながる大会となったことでしょう。今後の活躍にも注目!


Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る