豪州ラグビー通信「スーパー・ラグビー2019 その3」

豪州ラグビー通信

文=YASU

スーパー・ラグビー2019 その3

オーストラリア・カンファレンスは引き続き大混戦!

フルバックで活躍のワラタス、カートリー・ビール
フルバックで活躍のワラタス、カートリー・ビール

第14節終了時点(5月19日)、オーストラリア・カンファレンスの首位はブランビーズとなっています。日本を本拠地としながらオーストラリア・カンファレンスに所属するサンウルブズは今季、アウェーで2勝を挙げるなど健闘するもなかなか白星を重ねることができず、プレー・オフ争いからは既に後退。しかし、それ以外の4チームにおいては、毎週のように1位から4位までの順位が入れ替わる大混戦となっています。

試合ごとに得られる勝ち点の合計は、首位のブランビーズが29ポイント、2位のレベルズが28ポイント、3位のワラタスが26ポイント、そして4位のレッズが23ポイント。1試合で得られるポイントは、ボーナス・ポイントも含めると最大5ポイント。つまり、1位のブランビーズと3位のワラタスの差がわずか3ポイントであるということは、1試合の結果により、首位までの順位が入れ替わり、またレッズについてもその差が6ポイントとなっていることから、最終節までの残り4節で、カンファレンスの首位、またワイルド・カードによるプレー・オフ進出もこれら全てのチームに可能性があります。

それを踏まえて今後の注目カードには、第16節のレベルズ対ワラタス(5月31日=金、メルボルン)、第17節のワラタス対ブランビーズ(6月8日=土、シドニー)、最終節となる第18節のブランビーズ対レッズ(6月15日=土、キャンベラ)といったカンファレンス内の直接対決が挙げられ、勝敗により今シーズンの結果を左右する大一番が続きます。もちろん、上記以外の他カンファレンスとの対戦も、落とすことができない重要なゲーム。より緊張感が高まり、いよいよ今年のスーパー・ラグビーも大詰めとなってきました。総合順位では、クルセイダース(ニュージーランド)が引き続き首位。3連覇となる10度目の栄冠に向けて突き進んでいます。


Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加ください!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る