第8回 4ネーションズNRL2010年シーズンに向けて

オーストラリア・ラグビーリーグ通信

Rugby
オーストラリア・ラグビー・リーグ通信
第8回 4ネーションズ

NRL2010年シーズンに向けて

 先月の11月に「Rugby League Four Nations(フォー・ネーションズ)」が開催されました。昨年まで「Rugby League Tri Nations」と称されていたこの大会も、今年から豪州、NZ、英国に加え、新勢力フランスが入ったことでさらなる盛り上がりを見せました。
 主催国はイングランドとフランスですが、当初、決勝は豪州対NZのW杯リベンジ・マッチになることが予想されていました。ところが準決勝で、英国がリーグ発祥の地の意地を見せ、20−12で見事NZを下し、決勝進出を決めます。
 そして決勝戦。前半は粘った英国ですが、後半に逆転した途端にガードを緩めてしまい、豪州に付け入る隙を与えてしまいます。そこからは豪州のスーパー・プレーの連発で、終わってみれば46−16という大差で豪州が優勝。わずかなミスも逃さず、一瞬にしてピンチをチャンスに変えてしまう豪州のプレーは鬼気迫るものがありました。
 一方、英国の方はまだまだ課題が残りそうです。しかし、去年スーパーリーグからNRL(タイガース)にトレードしたGareth Ellisや、来シーズンからラビトーズと契約しているSam Burgessなどは、世界トップ・クラスの選手になり得る素質があるのではないでしょうか。特にSam Burgessはまだ20歳。彼のラビトーズでの活躍にご注目あれ。
 さて、12〜3月まではリーグは基本的にオフ・シーズンですが、2010年2月にはラグビー・リーグ日本代表が豪州遠征を企画しています。試合予定は、2月3日にポルトガルとテスト・マッチを行い、6日には「Cabramatta International 9s(9人制リーグ・トーナメント)」に参戦する予定です。ラグビー・リーグは日本ではマイナー・スポーツですが、チャレンジ精神旺盛な「JRLサムライズ」へのご声援をよろしくお願いします。
 詳しい情報はWeb: www.geocities.jp/japaneserugbyleagueまで。
 今月で私がお送りするラグビー・リーグ通信も最終号となりました。私は既に英国に渡っていて、今度はこちらでリーグにチャレンジする予定です。短い間でしたがお付き合いいただいた読者の皆様に、この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました !


オーストラリア・ラグビーリーグ通信

◎著者プロフィル
田村俊介(たむらしゅんすけ) 身長183cm、体重97kg、ポジションはロック、セカンド・ロー、センター。1985年4月28日生。英国に9年間留学し、ユニオン、リーグの両方をプレー。08年7月に英国ラフバラ大卒業後、シドニーに移り、現在はリーグ選手としてプロ契約するために奮闘中。自身のブログ「ラグビー・リーグ挑戦日記~Cabramatta Blues~」(http://ameblo.jp/shunkytamura)で活動を紹介中

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る