ワラタスが悲願の初優勝! −2014スーパー・ラグビー

豪州ラグビー通信
ワラタス、悲願のスーパー・ラグビー初制覇!

ワラタスが悲願の初優勝!
2014スーパー・ラグビー

文=YASU

南半球3カ国(豪州、NZ、南ア)による、世界最高峰のラグビー・コンペティション「スーパー・ラグビー」は、8月2日(土)、「ANZスタジアム」(シドニー)で決勝戦が行われ、シドニーを本拠地とするNSWワラタスが優勝しました。決勝戦の相手は過去最多優勝を誇るNZの雄、クルセイダース。試合はホームのワラタスがPGで先制、その後もトライ、PGで加点し序盤でゲームを支配したかに思えましたが、試合巧者のクルセイダースが反撃し、最後までもつれる一進一退の攻防となりました。クルセイダースが2点のリードで逃げ切るかに思われた試合終了1分前、クルセイダースの反則からワラタスにPGのチャンス。これをワラタスの司令塔、バーナード・フォーリーが決め逆転、ワラタスがホームで悲願の初優勝を飾りました。この試合、まさにどちらが勝ってもおかしくない互角のゲーム。試合終了のホイッスルがわずかでも前後すれば結果が変わっていたようにも思われます。これにより、今年のスーパー・ラグビーは、史上7チーム目となる新王者が誕生し幕を閉じました。

 

2014ラグビー・チャンピオンシップ開幕!

スーパー・ラグビーの興奮が冷めやらぬ中、8月16日(土)、南半球4カ国(豪州、NZ、南ア、アルゼンチン)の代表チームによる「ラグビー・チャンピオンシップ」が開幕しました。豪州代表「ワラビーズ」は、開幕戦で永遠のライバル、NZ代表「オールブラックス」と対戦。テストマッチ連勝記録のかかったオールブラックスでしたが、試合は両者全く隙を与えないノートライゲーム、12−12の引分けとなりました。オールブラックスの世界記録を阻んだワラビーズでしたが、NZで行われた第2節では20−51という歴史的大敗。その後、第3節では南ア代表「スプリングボクス」に終了間際のトライ&ゴールで劇的な逆転勝利。第4節ではアルゼンチン代表「プーマス」から辛くも逃げ切り、優勝の可能性を残しています。

Sunday Footy!
毎週日曜日(午後12〜2時)、シドニー・フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にお越しください!
Yasu: 0412-553-535

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る