第17回 NAT A vs J

 

第17回 A vs J

文・植松久隆 Text: Taka Uematsu


前回のACL、対鹿島アントラーズ戦でのシドニーFC森安

来年のアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)の組み合わせが決まった。当然ながら、当コラムの関心は日豪両国のチームが同居する組に集中する。日本からは、4チームの出場枠が確定しており、終わったばかりの今年のJリーグ上位3チーム、柏、名古屋、G大阪の3チームが出場を決めている。それに加えて元旦に決する天皇杯王者も参戦するが、こちらは締め切り時点でベスト16が出そろったばかりで、どこが勝つかを語るには早過ぎる。

仮に天皇杯にも勝ち残っている柏、名古屋のいずれかが天皇杯を制した場合は、Jリーグ4位の仙台がこの枠での出場権を得るが、被災地のチームながら4位と大健闘を見せた仙台が出場すれば、大会の盛り上がりにひと役買うだろう。

一方、豪州からは3チーム。順当に出場権を得たのが、昨季Aリーグ王者ブリスベン・ロアと同2位のセントラル・コースト・マリナーズ。さらには、他国チームとのプレーオフを勝ち抜けば出場できることになっていた同3位のアデレード・ユナイテッドが、ほかの参加予定チームの辞退もあり、急遽プレーオフなしで本選出場権を得る幸運に恵まれた。

日豪両国が含まれる東アジアのグループ・ステージはE〜H組の4組に分かれた。前述のように日本が4チームの出場権を得ているので、すべてのグループに日本チームが入る計算だ。豪州も3チームが出場するので、都合3組で注目の“AvsJ”が実現した。ここで、ざっとその3組に触れておこう。

E組は、2008年ACL決勝を闘ったガンバ大阪とアデレードが同組に入り、ついでに言えばその大会でアデレードに準決勝で敗れたウズベキスタンのブニョドコルも同組に入り、さながら08年ACLの同窓会の趣きとなった。続くF組。Aリーグで前人未到の36戦無敗記録を打ち立てたブリスベン・ロアが、前述の未定の天皇杯勝者と韓国の名門・蔚山現代、元豪州代表のジョエル・グリフィスが所属する北京国安を相手にその実力を試す。セントラル・コーストが入ったG組は、豪州代表ジョッシュ・ケネディの名古屋グランパス、豪州代表サシャ・オグネノブスキも所属する韓国の城南一和、中国からもリーグ2位の天津泰達という強豪がそろい、予選一番の激戦区となった。

Jリーグなどアジアのトップ・レベルを相手にAリーグ・チーム、特にブリスベン・ロアがどこまで戦えるか、国内重視でここ数年振るわない日本勢の巻き返しなるか…など、興味の尽きないACL。今後、当コラムでもできる限りフィーチャーしていきたい。


【うえまつの独り言】

柏がJ2から復帰したその年に優勝、J史上初の変則2連覇の偉業を達成した。片や、ここ豪州は下部リーグがないのでそんなことは起こり得ないし、降格/昇格のドラマもない。天皇杯のようなジャイアント・キリングの機会もない…。と考えると、日本のサッカーは本当に恵まれている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る