しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第3回】

●今月のお悩み●
ダフることが多く、ショットが安定しません。安定したショットを打つコツを教えてください。(リオナちゃん=15歳)

1
2
3
4
5
6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

バック・スイングを上げるタイミングはゆったりですが、トップからインパクトにかけてのダウン・スイングのタイミングがとても速いです。安定したショットには、安定したリズムが不可欠。まずは心の中で「1、2、3、4」と数え、ダウン・スイングのスピードはバック・スイングを上げる時と同じリズムで。また、アドレス時の前傾姿勢(写真1)を深くすると腕が振りやすくなります。ティー・アップの高さも低めなので(写真1)、ドライバーのフェース部分からボールが半分以上出るくらいがベスト。ボールの位置が低く、インパクトからボールをすくい上げる動き(写真4、5)でクラブ・ヘッドが上がりボールの上を打ってしまうこと、そしてクラブ・フェースが開くためにボールが右に飛びやすいのでは(写真4)。結果的に、クラブ・ヘッドの位置が高すぎるフィニッシュに(写真6)。両脇を閉めつつ体を回転してフィニッシュすると、クラブ・ヘッドの位置も下がりシャフトがしなりやすく、飛距離アップも期待できます。

 

相談者の感想

一時期お休みしていたゴルフを最近再開し、時間がある時は必ずホーム・クラブのコンペに参加しています。ですが、コースで安定したショットが打てずに悩んでいたところ、今回しゅり先生のアドバイス通りにダウン・スウィングのタイミングを意識して打つように改善したら、ショットが安定するようになりました! これからも、もっと練習してゴルフを楽しみたいと思います。ありがとうございました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: email@shuriscountryclub.com
Web: ameblo.jp/shuriyasuda


しゅり先生プロフィル
1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る