しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第29回】

●今月のお悩み●
ドライバー・ショットをもっと安定させたいと常日頃考えています。ドライバーの安定性を高めるためのアドバイスをぜひお願いします。
(白神さん=ゴルフ歴25年)


1

2

3

4

5

6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

シングル・ハンデの白神さんのスイングはとてもすばらしく、修正するところはほどんどありませんが、数カ所アドバイスさせて頂きます。

まずは、ドライバー・ショットのアドレス時のボールの位置が、少し真ん中寄り(写真1)なので、左のかかとの延長線上に変更すると、シャフトのしなりに合ったポジションでボールを打つことができ、ショットが更に安定すると思います。ぜひ試してみてください。

そして、インパクトからフォローにかけて、このショット(写真5)では、伸び上りが少し早いようです。このようなスイングの時には、右にプッシュ・アウトするボールが出る傾向がありますので、もう少し前傾姿勢を保ったまま振り切るようスイングしてみてください。

更に、ボールを上げようとして、フォロー・スルーからフィニッシュにかけて右腕と右脇が少し開いているようです(写真6)。もう少し右ひじを地面に向けるようにして、右脇が閉まれば、より安定性のあるショットが期待できるでしょう。

相談者の感想

写真で見ると、ボールが思っていたより真ん中にありますね。そして、フォローで左ひざが伸びてしまい、前傾体勢も保てていないことが分かりました。右にプッシュ・アウトする時はこのようなスイングだということが良く分かりました。この2点に絞って練習とラウンドに励み、更に頑張りたいと思います。アドバイスありがとうございました。


しゅり先生プロフィル
1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る