必見!「全豪オープン2016」観戦ガイド

2016年

全豪オープン

観戦ガイド

2016年グランド・スラム(GS)の第1戦、全豪オープンはメルボルン市内のメルボルン・パークで1月18日から31日まで行われる。最強のチャンピオン、ノバク・ジョコビッチが2年連続6回目の優勝を飾るのか? それとも全盛の王者を破る選手が出るのか?

ジョコビッチ、今大会も独走か?

最強の王者ジョコビッチ
最強の王者ジョコビッチ

ジョコビッチは全豪、ウィンブルドン(全英)、全米と3戦で優勝し、全仏でも2位と安定した力を発揮し、「ジョコビッチ全盛時代」であることを世に示した。今大会では日本期待の錦織圭が優勝に絡めるかも注目だ。女子ではセリーナ・ウィリアムズの強さが光っている。日本男子ではダニエル太郎、西岡良仁、女子では土井美咲、日比野菜緒、奈良くるみの本戦出場が予定される。

現在のジョコビッチ(セルビア、28歳、2015年12月7日付世界ランク1位)は最強と言って良いほどで、今大会でも優勝候補の筆頭である。優勝すれば6回目、史上1位に並ぶ。全仏決勝で勝っていれば、年間GS達成という偉業を成し遂げていた。全豪センター・コートに名を残すロッド・レーバー(2度達成)以来の快挙となる。ジョコビッチはオールラウンド・プレーヤーで経験と熟練の技術を持っており暑い全豪での戦いを熟知している。5セット・マッチの全豪ではジョコビッチを崩すのは容易ではない。

全盛期に近いフェデラー
全盛期に近いフェデラー

史上最多GS17回の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス、34歳、3位)も好調だ。昨年のブリスベン国際で優勝を果たすと共にキャリア1,000勝を飾った。全英、全米でジョコビッチには敗れたが準優勝。ドバイ大会ではジョコビッチを破って優勝した。

アンディ・マレー(英国、28歳、2位)は全豪で準優勝、全仏、全英で準決勝まで駒を進め、優勝へあと一歩まで迫った。

ラファエル・ナダル(スペイン、29歳、5位)は5連覇を続けた全仏でベスト8、全英は2回戦、全米は3回戦と精彩を欠き世界ランクを10位まで大幅に下げ、ナダルの時代は終わったかと思われた。ツアー・ファイナルでマレー、ワウリンカを破ってやっと復活を果たし5位まで戻ってきた。

スタン・ワウリンカ(スイス、30歳、4位)は14年の全豪でGS初優勝。昨年は全仏優勝、全米ベスト4、全英ベスト8。強烈なバック・ハンドという武器があり優勝候補の一角である。ベテランで実力者のトマス・ベルディハ(チェコ、30歳、6位)やダビド・フェレール(スペイン、33歳、7位)やなども侮れない。

錦織、優勝のチャンスは?

錦織、逆転優勝なるか?
錦織、逆転優勝なるか?

期待の星、錦織圭(日本、26歳、8位)は前半戦は好調だったが、後半戦で結果が出ず調子を落とした。全豪ではベスト8で世界ランクを自己最高の4位にまで上げ、全仏でもベスト8進出を果たし、ロジャース・カップではナダルに初勝利を挙げた。しかし全英では故障のため2回戦で棄権。全米は前年準優勝し日本人初の第4シードであったが、まさかの1回戦敗退となった。

2年連続出場となったツアー・ファイナルではベルディハに勝利し、フェデラーには負けたが大接戦を演じて15年を終えた。メンフィス・オープン優勝(3連覇)、バルセロナ・オープン優勝(2連覇)、ワシントンDCオープン優勝、ジャパン・オープン準優勝の戦績を挙げたが、GSに続くマスターズ1000シリーズ(全9戦)での優勝が無い。昨年はマドリード・マスターズ、ロジャーズ・カップでベスト4、マイアミ・マスターズ、イタリア国際でベスト8である。原因の1つが苦手な選手が多いことがある。対ジョコビッチ2勝5敗、フェデラー2勝4敗はまだしもリシャール・ガスケ(フランス、29歳、9位)には6戦全敗、ナダルには初勝利したが7敗、ワウリンカとも1勝3敗である。

錦織は正確で強烈なリターン、相手の裏をかく巧妙なボレー・ショット、ロブ・ショットが武器で、ラリー戦を得意としておりベース・ラインから下がらない攻撃的なプレー・スタイルで上位を脅かす存在になった。ストローク戦やバックでのダウン・ザ・ラインへの正確なショットなど強みを増した錦織。優勝を狙う為に最も重要なのはサーブだが、苦手と言われたサーブも大幅に強化している。

全豪のサーフェスはハード・コートでボール・スピートが速く、良くはずむ特性を持つが、錦織はこれを得意としている。メルボルン特有の猛烈な暑さへの対策もカギとなる。前半戦は下位選手にストレート勝ちして体力消耗することなく勝ち上がることが、優勝の条件だ。

年齢も26歳と体力的にもピークの年代に入っている。注目度が下がっている今大会は逆に優勝のチャンスだ。

今大会注目の選手は?

オージー選手では、バーナード・トミック(23歳、18位)、ニック・キリオス(20、 30位)、サム・グロス(28歳、60位)、タナシ・コキナキス(19歳、80位)、ジョン・ミルマン(26歳、92位)の5人が本戦に出場する。

トミックは、昨年全豪4回戦、全英、全米3回戦と善戦して順位を20位以内へと上げてきた。キリオスは、昨年の全豪で地元勢としては05年のレイトン・ヒューイット以来のベスト8に入った。GSで2回以上ベスト8へ進出した10代の選手は、01年のロジャー・フェデラー以来となる。一方で悪童としても知られる。試合中に対戦相手のワウリンカに対して暴言を吐いてATPから罰金を科せられている。試合相手、審判への暴言や粗暴な振る舞いが多く、新聞をにぎわせている。

女子では依然としてセリーナ・ウィリアムズ(米国、34歳、1位)が圧倒的な実力を誇る。全豪、全仏、全英とGS3連勝し全米に勝てば年間GS達成であったが、準決勝で中堅のイタリア選手に敗れた。GS21勝と断トツの成績を誇り、パワーで圧倒する姿は驚異的である。

人気ではナンバー1のマリア・シャラポワ(ロシア、28歳、4位)は、昨年の全豪では決勝まで進み豪州ファンに復活を印象付けた。イタリア国際で2年ぶりの優勝、全英では準決勝まで進んで好調を保っている。優勝の可能性も高いが、セリーナにはまったく歯が立たないのが弱点だ。

シモーナ・ハレプ(2位、ルーマニア、24歳)が昨年は全豪ベスト8、シンセン・オープン優勝、ドバイ優勝、パリバ・オープン優勝と着実に実績を重ねた。切れの良い痛快なテニスが持ち味である。

オージー選手ではサマンサ・ストーサー(31歳、27位)ただ1人が本戦出場する。11年全米でGS初優勝を果たしたが、その後は低迷していた。昨年は全仏、全英で3回戦、全米で4回戦に進出している。若手が出てこない中でストーサーが1人がんばっている。

上位陣の一角となったワウリンカ
上位陣の一角となったワウリンカ
圧倒的なパワーのセリーナ
圧倒的なパワーのセリーナ
昨年の全豪準優勝のシャラポワ
昨年の全豪準優勝のシャラポワ

日本人選手にも期待したい

日本男子では新星ダニエル太郎(22歳、96位)が現れた。父はアメリカ人、母は日本人、ニューヨークに生まれ14歳で家族とスペインに移住したが、国籍は日本。現在もスペイン在住という異色の存在だ。昨年のチリ・オ-プンではベスト8、デビス・カップでは初の日本代表となり注目を集めている。今大会では本戦からの出場であり身長190cm、体重76kgと恵まれた体格を生かす。

西岡良仁(20歳、117位)が昨年12月の深圳ワイルドカード(主催者推薦枠)プレーオフで優勝し本戦出場となった。西岡は錦織と同じアメリカIMGテニス・アカデミーの出身で、錦織2世とも言われ、期待されている。

伊藤竜馬(27歳、119位)、杉田祐一(27歳、126位)、添田豪(31歳、132位)は予選からの出場予定。

女子では土井美咲(24歳、54位)、日比野菜緒(21歳、66位)、奈良くるみ(23歳、82位)の本戦出場が予定されている。注目は今大会でGS本戦デビューながら昨年10月のWTAタシケント・オープンで1セットも落とさず、全試合ストレート勝利で優勝した日比野菜緒だ。ストローク戦を得意とする日比野が全豪で世界とどう戦うかが見どころだ。

車いすの王者、国枝選手も出場

国枝慎吾(31歳、車いす1位)は、GSシングルス20勝、ダブルス19度の優勝を誇る車いすテニス界の王者。昨年も全豪、全仏と全米と優勝して4度目の年間GSを達成している。(全英には車椅子部門が無い)全豪では過去8回優勝しており、今年は4連覇がかかっている。上地結衣(21歳、車いす3位)は14年に全仏と全米で優勝し、全豪は2年連続の準優勝。今年はぜひ優勝を飾ってほしい。グランド・パスで観戦できるのでぜひ応援に行こう。

全豪オープンの楽しみ方

賞金

優勝賞金は310万ドルで男女の差はない。1回戦で3万4,500ドル、2回戦では6万ドルと日本の大会の優勝賞金並みだ。予選1回戦でも3,600ドルの賞金。(15年)1勝するだけで多額の賞金と大きな順位ポイントが稼げるGSは予選も含めて世界中から若者が挑戦する熾烈な戦いの場である。

日程

対戦組み合わせ(ドロー)は開幕直前に発表にされる。初日と2日目で男女全選手が登場し、半数が負けて姿を消す。朝から効率よく会場を回れば、10試合以上は回ることができる。ランク8位の錦織など世界のトップ選手でも1回戦では一般コートで試合をすることがある。トップ選手以外の試合はグランド・パスで十分に楽しめる。全豪オープン予選は1月13日から16日にかけて行われ、入場は無料。暑い全豪では水分補給、帽子、サングラス、日焼け止めは忘れずに。

会場

会場のメルボルン・パークには、ロッド・レーバー・アリーナ(15,000人)とマーガレット・コートアリーナ(7,500人)の2つのセンター・コートがある。マーガレット・コート・アリーナは昨年屋根付きになり観客席も大幅に増やし、ロッド・レーバー・アリーナに隣接することから第2センター・コートに格上げされた。ハイセンス・アリーナ(10,500人)も開閉式屋根付きコートであるが一般券で入場できる。GSの中で屋根付きコートがあるのは全英のセンター・コートだけ。真夏の酷暑のせいもあるが、天候に左右されずにトップ選手がプレーできる点では全豪は世界の最先端を走っている。

催事場

ハイセンス・アリーナ側のグランド・スラム・オーバル催事場には協賛企業が設置した娯楽テントや、ライブ・バンド演奏のあるビア・ホール、飲食店など楽しい催し物がたくさん。化粧品会社のお土産付き無料メイクアップ・コーナーは女性に人気だ。ランチ・タイムや試合の空き時間にぜひ行ってみよう。ガーデン・スクエアでは選手によるサイン会も開かれる。錦織選手などトップ選手も登場する。ロッド・レーバー・アリーナの隣にショップがあり全豪オープンの会場でしか買えないロゴ入り特選グッズが販売されている。選手のラケットのチューンナップ・ショップを見学するコーナーも設けられている。錦織のラケットがどのように作られるのかが分かる。

アクセス

会場のメルボルン・パークまでは、トラム、電車、バスなどの交通があり、全豪チケットを持っていればトラムは無料。フリンダース駅から歩いて10分ほどなのでヤラ川の散策を兼ねて歩くのも悪くない。ロッドレーバー・アリーナは、ヤラ川河畔から良く見える。

チケット

一般券(グラウンド・パス$39から)は、2つのセンター・コート以外はすべて入れる。午後5時以降に入れるチケット($29)や、週末2日間券($107)、5日券($152)、家族4人券($91など)など多種の入場券がある。ロッドレーバー・アリーナの入場券は約$76から。
 一般券は会場でも買えるが長蛇の列となるので、ネットで事前購入か、フェデレーション・スクエアで事前購入するのがお勧め。

Australian Open

会場:Melbourne & Olympic Park Trust, Batman Ave., Melbourne VIC
日程:1月18日(月)~1月31日(日)
Web: australianopen.com



文・写真=イタさん(板屋雅博)
日豪プレスのジャーナリスト、フォトグラファー、駐日代表
東京の神田神保町で叶屋不動産(http://kano-ya.biz/)を経営

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る