「レイクランズ・ゴルフ・クラブ」全てはゴルファーのために

全てはゴルファーのために
レイクランズ・ゴルフ・クラブ

ゴールドコーストの数あるゴルフ場の中でもレイクランズ・ゴルフ・クラブ(以下レイクランズ)はプロ・ゴルファーで有名設計家のジャック・ニクラス氏が手がけた本格的なコースとして、ゴルフを愛する人から高い支持を得ている。今回、同クラブの顧問であり、日本で活躍したプロ・ゴルファー、ブライアン・ジョーンズ氏に日豪のゴルフ事情やオーストラリアのゴルフ場の魅力などについて話を伺う機会を得た。(取材・文=内藤タカヒコ)

日豪のゴルフの違い

日本人のファンも多い、顧問のブライアン・ジョーンズ氏
日本人のファンも多い、顧問のブライアン・ジョーンズ氏

ゴルフは世界中で愛されているスポーツで、どこでプレーしても基本的には同じだが、プレーする環境やメンタル面においては確実に違いが存在する。

日本ではゴルフをする機会は年間を通じてさほど多くなく、どちらかと言えば特別なイベントとして位置付けられている。これに対しオーストラリアでは毎日でもプレーできるほど身近な存在だ。これはゴルフ場が住宅地から近い所に数多く有り、予約も取りやすいといった理由が挙げられるが、一番大きな要因はゴルフが日常生活の中に自然に溶け込んでいるということだ。

日本では考えられないが、小学生が放課後にバッグをキャリーに乗せて毎日練習するパブリック・コースもあれば、高額な入会金を払った限られたメンバーのみがプレーできるプライベート・コースも存在する。それぞれの楽しみ方に応じてふさわしいゴルフ場を利用でき、成熟したゴルフ文化が定着しているのだ。

日本は地理的な制約で都市部から離れた山間部にゴルフ場が多く、起伏に富んだ山岳コースが多いが、オーストラリアでは都市部に近いためフラットなコースが多いのも特徴だ。また1年を通して天候に恵まれ、プレーできる機会も多い。

日本でゴルフをする場合、朝早く家を出てプレーの間に食事を挟み、終了後は入浴するなど長時間拘束される。オーストラリアのゴルフは、気が合う仲間と18ホール・スルー・プレー、終了後はクラブ・ハウスで軽くビールを飲む程度と時間的にも経済的にも負担が少ない贅沢なスタイルだ。

レイクランズ・ゴルフ・クラブの特徴

オーストラリア出身のブライアン・ジョーンズ氏は、日本ツアー通算11勝の実績を持ち、1980年代日本プロ・ゴルフ黄金期に青木、尾崎両選手とともに活躍したプレーヤーで、現在はレイクランズの顧問を務めている。世界中のトーナメントに参戦した経験を生かして、コース管理やマネジメントなど幅広い分野にアドバイスをし、イベントの企画、若手PGAプロの指導なども精力的に行っている。

ジョーンズ氏によると、レイクランズは「第1にコースのコンディションが素晴らしく、いつでも気持ち良くプレーできる場所です」。彼は個人的に同クラブはゴールドコーストでナンバー1と考えているそうだ。特に水辺が多いので、精神的にストレスを感じることがなくプレーに集中できる。またゴールドコーストの中心地から車で15分、ブリスベンからも1時間ほどという便利なロケーションも大きな魅力だ。

レイクランズのコースを設計したのはゴルフの帝王ジャック・ニクラス氏である。オハイオ州ミュアフィールド・ビレッジGCなど世界中でゴルフ・コースをデザインし、設計家としても超一流の彼がオーストラリアで初めて設計したシグネチャー・コースがレイクランズだ。戦略性と造形美が高次元で調和したレイアウトは、些細なミスも許さない強靭(きょうじん)なメンタリティーが求められる。コースの美しさという点では、結婚式の記念撮影場所として人気が高く、2016年のゴールドコースト、ヒンターランド・エリアのブライド・チョイス・アワードの1位を受賞している。

レイクランズは菓子メーカーのシャトレーゼ・ホールディングスが経営しており、東京国際GCをはじめとするゴルフ場やスキー場、リゾート・ホテルなどを運営している。

予約や問い合わせには日本語専用電話もあり、日本人スタッフが常駐している。レストランはゴルファー以外も利用可能で、12月20日(火)から2月までの期間は、日本人にはうれしい冷やし中華などの和食メニューも特別に追加される。

ゴルフ場内にはコンドミニアムがあり、滞在しながら心ゆくまでゴルフができる「ステイ&プレイ」というプランが用意されている。興味のある人は問い合わせてみてはいかがだろうか。


電動カートはフェア・ウェイ乗り入れ可能
天然芝から直接打てる練習場
天然芝から直接打てる練習場
ゴルフ場の中にあるコンドミニアム
ゴルフ場の中にあるコンドミニアム
レストランは一般利用可。夏季限定冷やし中華
レストランは一般利用可。夏季限定冷やし中華

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る