Vol. 21 ヒュー・マクメニマン選手(クボタ・スピアーズ)

Go! ワラビーズ in Japan
クボタ・スピアーズで2年目となるヒュー選手(昨シーズン撮影)

 

Go! ワラビーズ in Japan

Vol. 21 ヒュー・マクメニマン選手(クボタ・スピアーズ)

 

  北半球の日本は冬本番。ラグビー・シー ズンも中盤に差し掛かっている。

 第5節は、ケガのため試合出場が遅れて いたNTTドコモ・レッド・ハリケーンズの ミッチェル・チャップマン選手が登場し、 その雄姿を披露してくれた。続く第6節に はチーム初勝利をもぎ取った。

 そして同じ第5節では、サントリー・サ ンゴリアスのジョージ・スミス選手とホン ダ・ヒートのタイロン・スミス選手の“スミ ス兄弟対決”が実現。日本のファンを沸か せた(結果はジョージ選手のサントリー の勝利)。

 一方、トップ・リーグ(TL)の下のカ テゴリーにあたるトップ・イースト・ディ ビジョン1は、シーズン最後まで目の離せ ない熾烈なトップ争いが続いた。

  昨シーズン、TLを1勝11敗1分で、トッ プ・イーストへ自動降格となってしまった クボタ・スピアーズは、「1年でTLに戻り ます !」という言葉通り快進撃を続け、全 勝で最終戦に望んだ。しかし最終戦に敗 れ、2位でシーズンを終えた。

 そのクボタ・スピアーズに、元ワラビー ズでキャップ21を持つヒュー・マクメニ マン選手がいる。

 2005年、QLDレッズからスーパー12 にデビュー。同年、シドニーでのサモア 戦でワラビー・デビューをも飾っている。 前ワラビーズ・キャプテンのロッキー・エ ルソム選手とは同期。07年、RWCフラン ス大会では日本戦、フィジー戦、カナダ 戦、イングランド戦に出場している。ワラビーズでの通算成績は13勝8敗。

 その後、6年間という長きにわたってク ボタ・スピアーズで活躍したワラビーズ・ レジェンドの1人、トウタイ・ケフ氏(現・ アドバイザー)引退後の昨シーズンか ら、クボタ・スピアーズの一員となった。

 身長が2メートル近い大型FWだが、か なりの俊足。大きく、速く、そして力強 い。ボディ・バランスもよく、ラインアウ トでの高さは魅力的だ。

 彼の活躍もあって、チームはTLに復 帰することができるのか ? 年明けから 始まるトップ・チャレンジ2(昇格戦) の結果にかかっており、まだまだ予断を 許さない状況が続くが、大いに期待でき そうだ。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る