第8回 VEVOとはいったい何?

敏腕弁護士ジョン・フラネリーの

オーストラリア・ビザ

ここだけの話

第8回 VEVOとはいったい何?

最近ビザを取得した方なら既にご存知かと思いますが、現在のオーストラリア・ビザではパスポートに貼り付けられるビザ・ラベルの代わりに電子ビザを発行し、発給されたビザはVEVO(Visa Entitlement Verification Online)というシステムで電子的に管理されます。

また、ビザ保持者およびオーストラリアの各種機関はVEVOを利用し、インターネット上に存在するビザとそのビザを保持する者の権利などについて詳細を確認することが可能です。

ビザ保持者には、ビザを申請した際の照会番号またはパスワードが支給されますが、移民コンサルタントや雇用主、その他の第三者がこのシステムを利用する場合はVEVOに登録する必要があります。

さらに、VEVOに登録するためにはABN番号(会社の場合)、MARN番号(移民コンサルタントの場合)、CRICOS番号(教育機関の場合)が必要です。

そしてVEVOに登録できるのは、あくまでもオーストラリア国内に所在する機関に限定されますので、海外ビジネスや外国政府によるVEVOへのアクセスは不可能となっております。

ビザ・ラベルが撤廃されたことで、不安を感じる方もいらっしゃるようですが、移民の増加に伴い頻繁に移民法が改正される中、ビザ所有者が個人レベルで保持するビザについて詳細確認ができるようになりました。そのため、VEVOが導入されたことで便利になったという人も多いのではないでしょうか。

また、移民局の営業時間に左右されず、いつでも(24時間、週7日)詳細確認ができる点についても便利になったと言えるでしょう。VEVOシステムを利用したい方は、www.immi.gov.au/e_visa/vevo.htmのリンクをご確認ください。初めて利用する場合は、パスポートとビザ発給時の移民局からの正式書類を準備するといいでしょう。

VEVOやそのほかのトピックについて興味のある方は、オーストラリア移民局(DIAC)のブログも1度ご覧になってください。下記の移民ブログではビザ・ラベルの撤廃についてお読みいただくことができます(英語です)。


■Web: www.migrationblog.immi.gov.au/2012/11/26/no-visa-label-no-worries


ニュース/コミュニティー

プロフィル

ジョン・フラネリー(Jonathan Flannery)
President of Citizen’s Advice Bureau and Gold Coast Legal Service Inc

1983年弁護士認定(QLD&NSW)、移民・雇用両方の専門知識を要するビジネス・スポンサー・ビザを中心に移民アドバイスを提供している。twitterで最新ビザ情報を続々発信中。「aussievisalaw1」で検索!

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る