豪州ビザ最新事情/サブクラス457就労ビザの取得方法


サブクラス457就労ビザの取得方法

Temporary Work(skilled)visa(subclass 457)

サブクラス457就労ビザは、オーストラリア労働市場において適した人材が見当たらないということを理由に、海外労働者を雇用することを可能にするビザで、「457ビジネス・ビザ」とも言われています。一般的に雇用主がスポンサーとなり、以下の3段階申請を経て就労ビザの認可を得ます。

①雇用主によるスポンサーシップ申請
②雇用主によるノミネーション申請
③申請者本人(雇用者)によるビザ申請

[企業側の主な申請条件]

●合法的に運営を行っていること
●外国人労働者を雇用できるだけの資金力があること
●ビザ申請者から何ら見返りを受けないこと
●スポンサーとなる雇用主が直接雇用をすること
●職種リストに記載のある職種において外国人労働者を雇うこと
●業界平均以上の給料で、かつ、移民局規定の給料額(現在5万3900ドル/年)以上を支払うこと
●企業内で働くオーストラリア人雇用者の技術力を向上するためのトレーニング(総人件費1パーセント分)を実施していること(実施していない場合は関連機関へ2パーセント分を寄付)など

[ビザ申請者本人の主な申請条件]

●必要な資格並びに経歴を持っていること
●スポンサーと雇用契約を結んでいる、または、ビザ申請によって結ぶことができること
●英語力の証明(IELTSなど)ができること
●不法滞在など、過去にビザ上のトラブルがなかったこと
●健康状態に問題がないことなど

[有効期限]

●スポンサーシップ:12カ月~5年(ビジネスの設立年数による)
●ノミネーション:12カ月
●申請者本人:12カ月~4年(ビジネスの設立年数による)

457就労ビザ取得後2年が経過し、同スポンサーとの同意があり、かつ、諸条件を満たすことで永住権(186 Employer Nomination Schemeまたは187 Regional Migration Scheme)の申請が可能になります。

移民法の改正は予告なく発表となる場合もあり、ビザ申請における審査は年々厳しくなっているのが現状です。また、昨年末の法改正により、俗に言うセルフ・スポンサーの申請を規制する法律の改正もありましたので、今後、457就労ビザの申請に関しては専門家のアドバイスを仰ぐことを強くお勧めします。



清水英樹(Hideki Shimizu)
◎QLD州弁護士、ビザ・移民法政府公認アドバイザー(MARN9900985)。「清水国際法律事務所」筆頭弁護士所長のほか、移民ビザ専門コンサルティング会社「GOオーストラリア・ビザ・コンサルタント」、各種不動産売買手続き専門法律事務所「Conveyancing Home QLD」を経営する。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る