豪州ビザ最新情報/457就労ビザの廃止について


457就労ビザの廃止について

―今後の主な改正内容―

4月18日に発表があった「457就労ビザ」の廃止ですが、今後7月と12月の内容の改正を経て来年3月に同ビザが完全に廃止、新たなビザ(Temporary Skill Shortage visa/TSS)が導入されます。

今後の改正内容

今後実施される457就労ビザの主な改正内容は、以下の通りです。

4月19日からの改正内容
● SOLとCSOL職種リストにあった651種の職種を435に削減。うち24種は特定地域での農業関連の職種。
● CSOLはSTSOL(Short-Term Skilled Occupation List)に改名し、6カ月に更新。
● SOLはMLTSSL(Mediumand Long-Term Strategic Skills List)に改名し、国家計画に基づき国益につながる技術職を今後指定。
● STSOLにある職種で457就労ビザを取得する場合の有効期限は2年間、MLTSSLにある職種で取得する場合は最大4年間。

7月1日からの改正内容
● 前述のSTSOLを見直し、MLTSSLについては教育訓練省によるSOL(2017/18)報告書を基に見直し。
● 給与が9万6,400ドル以上の場合、英語力証明の免除を廃止。
● トレーニング費用の明確化。
● 無犯罪証明書の提出を義務化。

12月31日までに行われる改正内容
● 457就労ビザ保持者(会社スポンサーによって永住権を取得した労働者を含む)のタックス・ファイル・ナンバーの提出要請を開始。税務局の記録と照合手続き開始。
● スポンサー会社が法的義務を怠った場合の記録の公示。

2018年3月より
● TSSビザ導入。同ビザは短期(2年)と中長期(最大4年)の2ストリームで構成。

短期ストリーム
● STSOL内の職種で申請(更新は1回)
● 英語力の証明(IELTS 5.0/各分野4.5以上)

中長期ストリーム
● MLTSSL内の職種で申請(取得から3年後に永住権申請可)
● 英語力の証明(IELTS 5.0/各分野5.0以上)

共通の条件(ビザ申請者)
● 最低2年間の関連する職歴
● 最低給与(現在5万3,900ドル)
● 無犯罪証明書

今後ビザ申請をお考えの方は、最新情報を常に確認すると共に、関連分野に詳しい専門家に相談されることをお勧めします。



清水英樹(Hideki Shimizu)
◎QLD州弁護士、ビザ・移民法政府公認アドバイザー(MARN9900985)。「清水国際法律事務所」筆頭弁護士所長のほか、移民ビザ専門コンサルティング会社「GOオーストラリア・ビザ・コンサルタント」、各種不動産売買手続き専門法律事務所「Conveyancing Home QLD」を経営する。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る