豪州ビザ最新情報/ワーホリ・プログラム(2018年11月5日発表)

豪州ビザ最新情報

ワーホリ・プログラム(2018年11月5日発表)

豪州の地方における農業従事者不足の深刻化を早急に軽減すべく、政府はワーキング・ホリデー・メーカー・ビザ・プログラム(以下、ワーホリ・プログラム)の改正を発表しました。現在、同プログラムには以下の2種類があります。

  • Working Holiday visa (subclass 417)
  • Work and Holiday visa (subclass 462)

462ワーク&ホリデー・ビザは日本人にはなじみのないビザでワーキング・ホリデー・ビザと混同されがちですが、ワーホリ・プログラム加盟国の中でもどの国のパスポートかにより、申請できるサブクラスが異なります。

日本のパスポートの場合はサブクラス417ワーキング・ホリデー・ビザであり、例えば、アルゼンチン、中国など(計23カ国)のパスポートを保持している場合はサブクラス462ワーク&ホリデー・ビザなのです。いずれも一定期間の就労や就学は認められていますが、申請条件やセカンド・ビザ取得のための就労規制が異なります。

ワーホリ・プログラムの変更点

ワーホリ・プログラムについて、11月5日に発表された変更点の内容は以下の通りです。

  • 18年11月5日以降、462ワーク&ホリデー・ビザ保持者がセカンド・ビザを取得するために従事できる農業の指定地域を拡大(これまではオーストラリア北部地域のみ)。
  • 18 年11月5日以降、462ワーク&ホリデー・ビザ並びに417ワーキング・ホリデー・ビザ保持者が1つの雇用主の下で働ける期間を6カ月から12カ月に延長。ただし、業種は農業。
  • 19年7月1日以降、462または417のセカンド・ビザで6カ月間、指定地域において特定の就労を行った場合、3年目の462または417を申請できる権利が与えられる。
  • 462ビザの最大発給数を増加。
  • カナダまたはアイルランドのパスポート保持者に限り、417申請の年齢制限を35歳に引き上げ。

同一雇用主の下での就労について

1つの雇用主の下で働ける期間は6カ月までですが、オーストラリア北部地域(ノーザン・テリトリー全域、南回帰線以北のQLD州並びにWA州にある地域)における以下の業種については、6カ月以上の就労が認められています。

業種:高齢・障害者介護、農業、林業、漁業、建築、採掘、観光、ホスピタリティー

また、例えばホテル、レストラン、州立医療施設など、同じ雇用主でも就労先の店舗や施設が2箇所以上ある場合、1箇所での就労が6カ月を越えなければ12カ月まで就労が可能となります。


清水英樹(Hideki Shimizu)
QLD州弁護士、ビザ・移民法政府公認アドバイザー(MARN9900985)。「フェニックス法律事務所」筆頭弁護士所長の他、移民ビザ専門コンサルティング会社「GOオーストラリア・ビザ・コンサルタント」、各種不動産売買手続き専門法律事務所「Conveyancing Home QLD」を経営する。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る